marimo cafe ―可愛くて美味しいお菓子レシピ―

簡単で可愛く美味しいお菓子レシピ満載!写真集のようなスイーツフォトや、分かりやすいレシピも必見。製菓衛生師・お菓子研究家 marimo オフィシャルブログ。marimo cafe

【お菓子教室のお知らせ】
全てのクラスが満席で、募集をストップしています。
次回開催の際はブログ・SNSでご案内します。

【写真教室のお知らせ】
全てのクラスが満席で、募集をストップしています。
次回開催の際はブログ・SNSでご案内します。

【お菓子作りで夢を叶えるメルマガ】
”お菓子作りを仕事にしたい”というあなたへ、
前に進むためのヒントをお届けします♪
詳しくは→こちら


【レシピ本 2022年1月20日発売♡】
おかげさまで重版となりました!
使った材料・型のまとめ→こちら
『本当においしいお菓子の作り方』(KADOKAWA)


【ブログをフォローする】
読者登録をすると、更新通知が届きます!
※登録者の情報は私に通知されませんので、ご安心ください。


article

こんにちは。お菓子研究家のmarimoです^^今年も柚子の季節がやってきました♡毎年大好評で、120セットが瞬時に完売してしまう、「青山農園さんの無農薬柚子」と「marimoのレシピ」を今年も発売します!(笑顔がまぶしい青山さん^^)今年も私たち用に柚子を確保して頂きま
yuzu3

こんにちは。お菓子研究家のmarimoです^^


今年も柚子の季節がやってきました♡

毎年大好評で、120セットが瞬時に完売してしまう、
「青山農園さんの無農薬柚子」と「marimoのレシピ」を今年も発売します!



313367678_1175956559684059_7040374831099737505_n

(笑顔がまぶしい青山さん^^)


今年も私たち用に柚子を確保して頂きましたが
数量限定になります(*´ェ`*)


リピーター様も多いため、
レシピ・動画の有無、キロ数を選べます。

よろしくお願いします(*´ェ`*)


※リピーター様へ※
レシピ・動画は昨年までと同じです。
 


315004417_2766361336827702_4964748223090419053_n



レシピは2種類、販売します!

yuzu-2


定番の「柚子のウィークエンドケーキ」


フワッと軽いバターケーキ生地に、爽やかな柚子の香り。
周りには柚子果汁をたっぷり使用したシャリシャリのグラサージュ。


10回試作を繰り返し、やっと完成した自慢のレシピです(*´ -`)(´- `*)



yuzu-choco-5


そして「柚子のボンボンショコラ」


こういうお店みたいなショコラ、一度作ってみたかった〜!という方も多いのでは。
チョコと柑橘系ってあいますよね!私も大好きなんです♡

とろけるガナッシュに、柚子のフレッシュな香りが合わさってなんともいえない美味しさですよ♪



▼お菓子の詳しい紹介はこちら





また、レシピをご購入の方へ
材料購入の際にcottaで使える、1,000円オフのクーポンを発行します!

ウィークエンドケーキとボンボンショコラのレシピを両方購入する場合は、2枚のクーポン(合計2,000円分)がもえらえます!

(柚子のみの場合は、クーポンは付きません)


みなさんどうぞご活用くださいね♡よろしくお願いします♡


 
.。o○.。o○.。o○.。o○


【講座詳細】

▼レシピ
全員にレシピカード(作り方、動画QRコード、作り方のポイントなどを掲載)をお送りします。
(冊子ではありません)

柚子ジャムのレシピは、ウィークエンド・ボンボンショコラ両方についています!


▼動画閲覧方法
レシピカードについているQRコードをスマホで読み取ると、録画・編集済みの動画が再生されます。(リアルタイム配信ではありません)

・動画には全て字幕入りなので、音声をオフにしても楽しめます(移動中など)
・2倍速やゆっくりで再生も可能です
・「Vimeo」というプラットフォームを使っています。利用登録などは不要で無料で見られます
・広告は入っていません

<動画サンプル:ネイキッドケーキの動画> 



【柚子のウィークエンドの動画】
お届けする動画は全編と工程別、合計4本です。

1:ウィークエンドケーキの作り方(全編)(40分)
2:材料説明(7分)
3:柚子ジャムの作り方(9分)
4:ウィークエンドケーキの作り方(24分)


【柚子のボンボンショコラの動画】
お届けする動画は全編と工程別、合計5本です。

1:ボンボンショコラの作り方(全編)(33分)
2:材料説明(6分)
3:柚子ジャムの作り方(9分)
4:ガナッシュの作り方(7分)
5:テンパリング〜コーティング(20分)


▼柚子の色や傷について
有機肥料を使用したJAS認定の柚子ですので、皮まで安心してご使用いただけます。
人体に影響の少ない栽培方法ですので、柚子の皮に斑点や劣化に見える傷がある場合がありますが、
より安心してお使いいただける証としてご理解くださいませ。


▼柚子の保存について
新聞紙に包んでビニール袋に入れ冷蔵庫の野菜室で保存すると結構長持ちします!
青山さんは「早めに食べてね〜」って仰いますが
私は自己判断で1ヶ月以上保存しちゃってます!
(注:保存期間が長くなると、果汁が減る気がします)


▼お菓子の賞味期限について
早めに食べた方が美味しいですが、下記の期限を参考に保存してください。
・柚子ジャム:冷蔵保存だと1ヶ月。冷凍保存(フリーザーバックに入れればOK)だと半年。
・ウィークエンドケーキ:直射日光のあたらない、涼しい場所にて常温保存5日(夏は冷蔵保存)
・ボンボンショコラ:冷蔵保存7日


▼marimo cafeの通信講座との違い
今回はコラボ企画のため、いつもの「テキスト冊子」と「LINEグループ運営」はありません。



▼商品ラインナップ

(1)「柚子のウィークエンドケーキ」レシピ&動画 5,500円

▼内容
①レシピカード(作り方、動画QRコード、作り方のポイントなどを掲載)
②動画
③公式LINEでのマンツーマンサポート(2024年5月末まで)
④cottaの1,000円オフクーポン(3,800円以上購入時。12/31まで)


(2)「柚子のボンボンショコラ」レシピ&動画 5,500円

▼内容
①レシピカード(作り方、動画QRコード、作り方のポイントなどを掲載)
②動画
③公式LINEでのマンツーマンサポート(2024年5月末まで)
④cottaの1,000円オフクーポン(3,800円以上購入時。12/31まで)
 

(3)柚子1kg  2,500円

柚子1Kg(8〜12玉程度)
 

(4)柚子2kg 5,000円

柚子2Kg(16〜24玉程度)


※送料は別途申し受けます(地域ごとに異なります)


▼柚子の必要量
◎1キロの柚子で、ウィークエンドケーキが5〜6回作れます
◎1キロの柚子で、ボンボンショコラが5〜6回作れます


▼販売期間
11/11(土) 〜 11/19(日)23:59


▼配送日
11/17(金)〜27(月)の間に、お申し込み順に発送します! 
ご注文量と柚子の色付きスピードにより前後しますので、ご了承くださいませ。
受け取れない日がある場合は、備考欄にてお知らせください。

発送したらメールにてご連絡します。


▼販売サイト

青山農園さんは販売サイトを持っていないので、
高知県の柑橘類を広める活動をしている
Green citrus project」さん経由でお届けさせて頂きます!!
販売サイト名は「イナカデリコ」です^ ^
ちなみに、私の会社員時代の友人が立ち上げた会社です! 


ご購入はこちらから♪



お菓子だけじゃなくてお料理にも使える無農薬ゆず♡
高知県から直送致しますので、楽しみにして頂けたらと思います(*´ェ`*)


皆様からのご注文をお待ちしております♪



※ 購入後、発送に関するお問い合わせは、
ストアのお問い合せフォームから「イナカデリコ」宛にお願いします!

(私は発送を担当していないためお答えができません)



よろしくお願いします^^



.。o○.。o○.。o○.。o○


今日も読んでいただきありがとうございました!
読者登録するとアプリに更新通知が届きます!
LINEでの更新通知サービスは終了しますので、アプリの登録をお願いします🙏
↓をクリック✨


※登録者の情報は私に通知されませんので、ご安心ください。

また、お菓子教室のお知らせなど、重要なお知らせのみ
marimo cafeのLINEにも配信しますので、
この機会に登録をお願いします😊

公式LINE : https://lin.ee/opKp1Ih



【お菓子作りで夢を叶える】
www.reallygreatsite.com
好きを仕事にするヒントをお届けします♪
無料メルマガの詳細・お申込はこちらの記事にて。



【レシピ本 最新刊のお知らせ】
おかげさまで重版♡3刷り!


新作レシピを40品以上載せています!
初心者の方でもわかりやすいよう
ポイント解説や工程写真もたっぷり♪
『本当においしいお菓子の作り方』
(KADOKAWA)



インスタグラムも更新中! → @marimo_cafe


お仕事のご依頼は、ホームページにて承っております。





2-2

こんにちは。お菓子研究家のmarimoです^^


最近は米粉の焼き菓子ばっかり作っているので、
プレゼントのお菓子もそれになりがち...!


個包装した方が食べやすいので、
包んだはいいものの、どうやって渡そう?
と迷う日々でした。


そこで、気軽に渡せる小さめの紙袋
探して、見つけました!!


2-3


焼き菓子をざっと入れて、ラフに渡せる感じです^^


このグリップバッグ クラフトは、1枚49円。


内側がビニールコーティングされているので、
万が一、油がしみても表側には影響しないので安心!

(直接食べ物を入れることはできないようです)



2-4


先日の、娘の七五三の時のお土産として、

「米粉のフィナンシェ」の詰め合わせと、
「米粉のガレットブルトンヌ」を入れてみたら
ぴったりでした!!



2-3

↑こちらは、夫の姉の家族へ。




夫の両親へは、
ウィリアム・モリス柄 バラ Sの箱に詰めました^^


2-5



2-6


フィナンシェ2個と、ガレット2個。


2-7

この箱も、紙袋にぴったりでした!!




ちなみに、紙袋にはシールを貼ると、
オリジナリティも出せます◎


2-2


バランスよく、大きめのシールを選びましょう✨
これは、バレンタインシール ラベル(2柄×2片)です。



モリスの箱や、個包装の袋は常備していますが、
この紙袋も気に入ったので、
仲間入りさせたいな〜と思っています(*´ -`)(´- `*)




参考になれば嬉しいです♡



▼本日ご紹介した資材 φ(.. )

・紙袋(グリップバッグ クラフト

・紙袋に貼ったシール(バレンタインシール ラベル(2柄×2片)

・ガレットブルトンヌ の袋(規格袋 SS-1 80×100 透明無地

・フィナンシェ5個入れた袋(規格袋 F-6(105+50×200)

・フィナンシェに貼ったシール(カラフルガーデン 長方形(3色×2片)

・フィナンシェ2個入れた袋(ガス袋 ウィリアム・モリス柄 フルーツ 85×H150(マチ25)mm

・ウィリアムモリスの箱(ウィリアム・モリス柄 バラ S


全てcottaで買えますよ〜!





.。o○.。o○.。o○.。o○



【お知らせ】

ブログの更新をお知らせしている
LINE通知サービスが2023年12月で終了し、アプリへ移行します✨



今後、教室など重要なお知らせは
marimo cafeの公式LINEに配信しますので、
登録をお願いします😊


公式LINE : https://lin.ee/opKp1Ih






日々のブログの更新情報は
アプリにて更新通知を受け取れますので、
登録をお願いします🙏
↓こちらから

 


<流れ>
①上のバナーをクリックし、「ライブドアアプリ」をダウンロードする
②アプリの虫眼鏡ボタンからブログ名「marimo cafe」を検索
もしくは
上のバナーをクリック
③アプリ内でブログが表示されたら右上の「フォローする」をクリック
④通知が届く、フォロー一覧にブログが表示される




お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします💓




.。o○.。o○.。o○.。o○


今日も読んでいただきありがとうございました!




【お菓子作りで夢を叶える】
www.reallygreatsite.com
好きを仕事にするヒントをお届けします♪
無料メルマガの詳細・お申込はこちらの記事にて。



【レシピ本 最新刊のお知らせ】
おかげさまで重版♡3刷り!


新作レシピを40品以上載せています!
初心者の方でもわかりやすいよう
ポイント解説や工程写真もたっぷり♪
『本当においしいお菓子の作り方』
(KADOKAWA)



インスタグラムも更新中! → @marimo_cafe


お仕事のご依頼は、ホームページにて承っております。



※この記事には広告を含みます。






yuzu3


こんにちは。お菓子研究家のmarimoです^^


今年も柚子の季節がやってきました♡


毎年大好評で、120セットが瞬時に完売してしまう、
「青山農園さんの無農薬柚子」と
「marimoのレシピ」のセット!!



今年も発売します!


※毎年同じレシピ・動画を販売していますので、
リピーターの方は、「柚子のみ」を購入することが可能です!
ぜひご利用ください♡




yuzu-1


遡って2017年のこと。
レッスンメニューの
「柚子ジャム」と「柚子のウィークエンドケーキ」を作るために
高知県で無農薬柚子を栽培されている、青山農園さんから
柚子をお取り寄せしました(*´ェ`*)



柚子を丸ごと使うお菓子だからこそ、
皮ごと安心して食べられる美味しい柚子が必要だったのです!
 

そして、その柚子のあまりの美味しさに感動。

もっと多くの方にお届けしたい!との気持ちで、
同じ柚子にレシピ&動画を付けてご案内しています^^



今年は「柚子のウィークエンド」「柚子のボンボンショコラ」の2品。


自然の恵みを生かしたレシピを、ぜひお楽しみください(*´ェ`*)




313367678_1175956559684059_7040374831099737505_n

(笑顔がまぶしい青山さん^^)




今回のレシピでは、柚子を丸ごと使ったジャムを作り、(なんと捨てるのはタネとヘタだけ!)
ケーキ生地に入れるとウィークエンドケーキに。
ガナッシュに入れてチョコでコーティングするとボンボンショコラになります!


柚子ジャムを作って冷凍しておけば、いつでもケーキが焼けますし、
バレンタインにショコラを作れますよ(*´ェ`*)♡


わ〜い♡




<レシピレベル>
柚子ジャム:初級
ウィークエンドケーキ:中級
ボンボンショコラ(テンパリングありバージョン):上級
ボンボンショコラ(テンパリングなしバージョン):中級



yuzu-5


”でもさ、ジャム作りって難しくない?” と思ったあなた、ご安心ください^^
今回のジャムは家庭にある鍋でOK!しかも5分煮るだけ!簡単なんです♪


簡単なのに、この美味しさ・・・(●´ω`●)♡
そして作っている時の癒しの香り・・・(●´ω`●)♡
心がほぐれていくのが分かります♪


疲れている時、もやもやしている時こそ、柚子ジャムを煮てほしいなぁと思っています。
ほんわかしますよ〜〜〜(実体験!)



yuzu-2


さてさて、ここからは各レシピをご紹介しますね!
(それぞれ単品でご購入いただけます♡)


まずは定番の「柚子のウィークエンドケーキ」


フワッと軽いバターケーキ生地に、爽やかな柚子の香り。
周りには柚子果汁をたっぷり使用したシャリシャリのグラサージュ。


10回試作を繰り返し、やっと完成した自慢のレシピです(*´ -`)(´- `*)



パウンドケーキの作り方は大きく分けて2つあります^^


①バターと砂糖をすり混ぜていく作り方
→いわゆる一般的な、しっとり系の生地に仕上がります
→中央が盛り上がった焼き上がり


②卵と砂糖を泡立ててから溶かしバターを入れる作り方
→今回の柚子のウィークエンドケーキの作り方(o^^o)
→卵を泡立てるので、きめ細かく、口溶けの良い生地に仕上がるのが特徴
→焼き上がりの表面は盛り上がらず、平らになる


同じパウンドケーキでも、仕上がりは全然違います。


①と②の違いを知るという意味でも、
とても意義のある講座だと思っています
(o^^o)


焼き菓子好きさんは、絶対知っておいた方が良い作り方です♡



そうそう、
「ウィークエンドケーキ」という名前は、
「週末に大切な人と食べるお菓子」という意味なんですよ^^♡


ぜひ大切な方と召し上がってくださいね!!


.。o○.。o○.。o○.。o○

yuzu-choco-5


そして「柚子のボンボンショコラ」


こういうお店みたいなショコラ、一度作ってみたかった〜!という方も多いのでは。
チョコと柑橘系ってあいますよね!私も大好きなんです♡

とろけるガナッシュに、柚子のフレッシュな香りが合わさってなんともいえない美味しさですよ♪


yuzu-choco-2


今回はベーシックなガナッシュをご紹介するので、
そのままだと「プレーンなショコラ」に。
柚子ジャムを入れると「柚子のショコラ」に。
洋酒(ブランデーやリキュールなど)を入れると「大人味のショコラ」になります♡


転写シート(表面の模様)を変えると、こんなイメージにもなります♡
いろいろ楽しんでくださいね!!


0fae6bc5-s


チョコレートのテンパリング方法も詳しくご紹介しますよ!!


ちなみに、ボンボンショコラの思い出といえば9年前。
お菓子作り初心者の友人たち先生初心者の私でテンパリングして作りましたが、
ちゃんと出来上がったのできっとあなたにもできるはず♡

↓ こんな感じでした

あの頃よりは、教え方も上達しているはず〜〜!

bc68f819-s



ただ、とっても不安...初心者だし...子どもと作りたいし...などという方は
失敗しない「テンパリング不要のチョコ」を使っていただいても構いません^^


ぜひ楽しんで作っていただければと思います♡




y-1


余談ですが、
青山農園さんから初めて送られてきた
"少し傷があったり、緑色の柚子"を見た私は、
「もっと綺麗な柚子はありますか?」と、
生意気にも聞いたのでした。。

そうしたら、
 
「傷があるものが多く、申し訳ありませんでした。
実は、この傷は、
無農薬で大事に育てた青山農園のゆずの特徴です。

通常、量販店などで見る綺麗なゆずは、
収穫までに20回ほど農薬がかけられています。

よって、虫も絶対に寄り付かず、
傷みも自然では考えられないほど来ない、という訳です。
 
また、早い時期に黄色い状態の柚子は、
「カラーリング」と言って青い柚子に
エチレンガスをかけて黄色くしている物もあります。」


とお返事を頂きました。


いつもスーパーで見ていた綺麗なゆず。
虫が寄り付かず、自然の痛みも出ない...
というのがどういうことかを知ったのでした。。


そして、無農薬だからこそ、
このクリアな香り、濃い美味しさなのだと実感したのです!!



それ以来、この時期になると青山さんの柚子を楽しませていただいています♡♡



 

レシピ・動画は昨年と同じなので、
リピーターの皆さんは「柚子のみ」をご購入くださいね^^

無農薬の柚子は貴重なので、ぜひご利用ください♡




販売は次の週末
11月11日(土)10時〜です。



またご案内しますね♡




.。o○.。o○.。o○.。o○



【お知らせ】

ブログの更新をお知らせしている
LINE通知サービスが2023年12月で終了し、アプリへ移行します✨



今後、教室など重要なお知らせは
marimo cafeの公式LINEに配信しますので、
登録をお願いします😊


公式LINE : https://lin.ee/opKp1Ih






日々のブログの更新情報は
アプリにて更新通知を受け取れますので、
登録をお願いします🙏
↓こちらから

 


<流れ>
①上のバナーをクリックし、「ライブドアアプリ」をダウンロードする
②アプリの虫眼鏡ボタンからブログ名「marimo cafe」を検索
もしくは
上のバナーをクリック
③アプリ内でブログが表示されたら右上の「フォローする」をクリック
④通知が届く、フォロー一覧にブログが表示される




お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします💓




.。o○.。o○.。o○.。o○


今日も読んでいただきありがとうございました!




【お菓子作りで夢を叶える】
www.reallygreatsite.com
好きを仕事にするヒントをお届けします♪
無料メルマガの詳細・お申込はこちらの記事にて。



【レシピ本 最新刊のお知らせ】
おかげさまで重版♡3刷り!


新作レシピを40品以上載せています!
初心者の方でもわかりやすいよう
ポイント解説や工程写真もたっぷり♪
『本当においしいお菓子の作り方』
(KADOKAWA)



インスタグラムも更新中! → @marimo_cafe


お仕事のご依頼は、ホームページにて承っております。



※この記事には広告を含みます。



1-1

こんにちは。お菓子研究家のmarimoです^^


先日、親戚にお菓子の詰め合わせをプレゼントする時、
手提げ袋が欲しいなぁ〜と思って探しました。



1-3

じゃん!
こんな感じで、この箱(フレームBOX FL-4 クラフト)がぴったりの手提げを見つけました♡


HDPEブラウンメッセージ(S)
   1枚27円です。




1-5


底がこんな風に広がるので、面積の大きい箱に良いです👌



1-6

たたんでおけば場所を取らないので、ストックしておいても良さそう◎



1-7


ちなみに同じような袋で、デコバッグ 花柄 (ミニ) も見つけました♡


1-8

こちらは控えめな柄で、上品な感じ。
1枚33円です。



箱入りのお菓子を手渡ししたいな〜というとき、
紙袋は、意外と底面積が小さくて入らない💦
ことが多いので、ビニール製がおすすめ◎




1-2


参考になれば嬉しいです^^




▼本日ご紹介した資材

・箱(フレームBOX FL-4 クラフト

・ブラウンの柄入り袋(HDPEブラウンメッセージ(S)  )

・白の柄入り袋(デコバッグ 花柄 (ミニ) )


全てcottaで手に入ります!



.。o○.。o○.。o○.。o○



【お知らせ】

ブログの更新をお知らせしている
LINE通知サービスが2023年12月で終了し、アプリへ移行します✨



今後、教室など重要なお知らせは
marimo cafeの公式LINEに配信しますので、
登録をお願いします😊


公式LINE : https://lin.ee/opKp1Ih






日々のブログの更新情報は
アプリにて更新通知を受け取れますので、
登録をお願いします🙏
↓こちらから

 


<流れ>
①上のバナーをクリックし、「ライブドアアプリ」をダウンロードする
②アプリの虫眼鏡ボタンからブログ名「marimo cafe」を検索
もしくは
上のバナーをクリック
③アプリ内でブログが表示されたら右上の「フォローする」をクリック
④通知が届く、フォロー一覧にブログが表示される




お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします💓




.。o○.。o○.。o○.。o○


今日も読んでいただきありがとうございました!




【お菓子作りで夢を叶える】
www.reallygreatsite.com
好きを仕事にするヒントをお届けします♪
無料メルマガの詳細・お申込はこちらの記事にて。



【レシピ本 最新刊のお知らせ】
おかげさまで重版♡3刷り!


新作レシピを40品以上載せています!
初心者の方でもわかりやすいよう
ポイント解説や工程写真もたっぷり♪
『本当においしいお菓子の作り方』
(KADOKAWA)



インスタグラムも更新中! → @marimo_cafe


お仕事のご依頼は、ホームページにて承っております。



※この記事には広告を含みます。




こんにちは。お菓子研究家のmarimoです^^


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます!


このブログを「読者登録」して
更新通知をLINEで受け取っている皆様へ。ご連絡です。


LINE通知サービスが2023年12月で終了し、アプリへ移行します✨




今後、教室など重要なお知らせは
marimo cafeの公式LINEに配信しますので、
登録をお願いします😊


公式LINE : https://lin.ee/opKp1Ih






日々のブログの更新情報は
アプリにて更新通知を受け取れますので、
登録をお願いします🙏
↓こちらから

 


<流れ>
①上のバナーをクリックし、「ライブドアアプリ」をダウンロードする
②アプリの虫眼鏡ボタンからブログ名「marimo cafe」を検索
もしくは
上のバナーをクリック
③アプリ内でブログが表示されたら右上の「フォローする」をクリック
④通知が届く、フォロー一覧にブログが表示される




お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします💓



lemoncake-4




 

1-5

こんにちは。お菓子研究家のmarimoです^^



米粉講座 各月発送コースの皆さまへ
11月のお菓子「米粉で作る フランスのクッキー3種」を発送しました!



3種類、改めてご紹介しますね♡




ガレット・ブルトンヌ

2-1

発酵バターの豊かな香り、厚焼きのザクッとした食感が美味しいクッキーです。
フランス産の「ゲランドの塩」を効かせて、
風味豊かに仕上げます!

ザクっと崩れる食感が、米粉ならでは。

卵黄を使うクッキーなので、
残った卵白でフィナンシェを作ってくださいね^^





キャレ・ド・ネージュ

11-1

米粉で作るクッキーは、ほろっと崩れる食感になるのが特徴。
だからこそ、その味わいを存分に楽しめるクッキーを作りました!

フランス語でキャレは「四角い」、
ネージュは「雪」という意味です。
スノー・ボールが四角くなった感じです。


ホロホロ食感の生地、
そして中にはカリカリッとしたヘーゼルナッツのキャラメリゼ!
塩も少し効かせて。


いろんな食感が楽しめ、見た目もかわいいクッキーです^^




バトネ・フロマージュ

11-1

最後の一品は、チーズのしょっぱいクッキー
甘いものが続いたら、箸休めを用意しなくちゃ。笑

フランス語でバトネは「棒状の」、
フロマージュは「チーズ」という意味です。

棒状に成形し、カリッとした食感に仕上げました^^
エダムチーズをたっぷりと使い、ブラックペッパーも効いてます♪
パルメザンチーズでも代用できますが、エダムチーズをぜひ♡



10-2

以上、3品のご紹介でした♡


どのクッキーも個性があって、おいしいんですよ♪



製作の様子✨

1-3

1-2


1-6

今回はこんな感じに箱に詰めました!!




ちなみに、
アトリエには段ボールが山のように・・・!
これは11月の分です^^


1-4
 



一箱ずつ、丁寧に、
心を込めて梱包しています^^


1-7



無事に届きますように・・・🙏



気に入っていただけると嬉しいです♡





ご質問などは、米粉講座の公式LINEにお願いします^^
(テキストと一緒にご案内しています)
他の月のクラスで出た質問も、全クラスでシェアしています!


こんな疑問もあるんだ〜こんな風になることも...!
ふむふむ。と、

一緒に学びを深めていきましょうね〜〜(*´ -`)(´- `*)✨






.。o○.。o○.。o○.。o○


今日も読んでいただきありがとうございました!
読者登録するとアプリに更新通知が届きます!
LINEでの更新通知サービスは終了しアプリに移行しますので、アプリの登録をお願いします🙏
↓をクリック✨


※登録者の情報は私に通知されませんので、ご安心ください。


また、お菓子教室のお知らせなど、重要なお知らせのみ
marimo cafeのLINEにも配信しますので、
この機会に登録をお願いします😊

公式LINE : https://lin.ee/opKp1Ih



【お菓子作りで夢を叶える】
www.reallygreatsite.com
好きを仕事にするヒントをお届けします♪
無料メルマガの詳細・お申込はこちらの記事にて。



【レシピ本 最新刊のお知らせ】
おかげさまで重版♡3刷り!


新作レシピを40品以上載せています!
初心者の方でもわかりやすいよう
ポイント解説や工程写真もたっぷり♪
『本当においしいお菓子の作り方』
(KADOKAWA)



インスタグラムも更新中! → @marimo_cafe


お仕事のご依頼は、ホームページにて承っております。



phonto 4

こんにちは。お菓子研究家のmarimoです^^



120名ほどの生徒さんが参加した写真講座第2期
9月に終了しました!



”お菓子を作って写真に撮るのが楽しい!この楽しさを広めたい!”
という、私のマニアックな想いに共感し参加してくださり、ありがとうございました!!



お一人お一人が、それぞれに世界観を広げて上達し、
とても充実した時間となりました♡



写真に限らず、「わかる」状態と「できる」状態
似て非なるものです。

”わかっちゃいるけど、できない!”ものです。



その状況を乗り越え、「できる」ようになったみなさん。
その頑張りをたくさんの方に知っていただきたく、
「卒業展示」を行います!



展示内容は、
「before・afterの写真」
つまり、講座の受講前と後の写真です✨



「できる」ようになった秘密は、
写真講座の動画やテキストをみただけでなく、
私の添削を受けたことがキーだったと思います。



わかっているけど、できない。
やってみたけど、なんか違う。

写真を送って、どこを直せば良いか聞いた。

答えをもらって、直した。




この流れがとても重要でした。
一人ひとりの個性に合わせて、サポートできたことが重要だったなと振り返ります
(*´ -`)(´- `*)




私自身も、毎日が鍛錬でした。

みんな違う部屋で撮ってる。みんな機材が違う。みんな悩みが違う。
どうすれば良くなるか、どう伝えれば良いのか。


考えて考えて、「どうすれば良いか」を導きだし、お伝えしました^^


すると、提出を重ねるたびに
生徒さんがどんどん上達していく。



本当に嬉しかったし、
私自身の教えるスキルもどんどん上がっていると、自信にもなりました!

とても楽しい半年間でした^^



そんな半年の成果を、是非ご覧ください✨




.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○



marimo cafe写真講座 2期生 卒業展示


お送りいただいたお写真とコメント”撮影時に工夫したこと”もお聞きしたので、掲載いたします♡
ピンク色に塗っている部分は、私が特に素晴らしいなと思った箇所です♪
また、私からのコメントも載せますので、ご覧いただけら嬉しいです^^

※提出いただいた順番で掲載します。お名前は申告いただいた形式でのせています。


【1】Iさん(大阪府・40代)

▼before
line_oa_chat_231024_112855




▼after
line_oa_chat_231024_112905

カメラ(LUMIX G100)使用
 

本人コメント:
受講前は、写真は初心者で自己流の撮影なので、冴えない写真…。スタイリングがマンネリ化で、せっかくお菓子を手作りしても、美味しそうに見えないのがネックでした。

受講後は、スタイリングが成長しました!レタッチも少しずつだけどできるようになっています。
写真が撮りたいから、お菓子を作りたい!って以前とは逆の発想になりました。

半年間、楽しい時間でした!丁寧な添削で、皆さんの疑問も共有させていただき、勉強になりました。
初心者ながらも成長できたと思います!


▼撮影時工夫したこと
お菓子作りから撮影までの時間は意外と長いので、日々ワクワクしながら何作るか、次はどんな課題かをイメージしながら過ごしてました。課題提出後は、marimo先生からの添削が楽しみでした!

 

marimoコメント:
”写真が撮りたいから、お菓子を作りたい!” まさに写真の楽しさを体感していただきよかったです♡
afterのお写真は、壁面も使いしっかりとスタイリングして撮影できていますね!
基礎をバッチリ身につけたと思いますので、これからもご自身の世界観を表現していって下さいね^^♡




【2】匿名さん(ドイツ在住・40代)

▼before
line_oa_chat_231024_112259_group_0



▼after
line_oa_chat_231024_112259_group_1

スマホ(iPhone14Pro)使用
 

本人コメント:
受講前は、せっかく作ったケーキやお菓子をもう少し良く撮れたらと思っていました。
時間やタイミングが合ったので、講座を受講しましたが、こんなに上手く撮れるようになるものとは思いませんでした! お菓子を作ることが好きでしたが、それをただの記録写真ではなく、自分好みの写真にする事がとても楽しかったです♪

動画を見て、撮って、「あれ?」と思ってまた見返して。自分の好きな時に見たい(知りたい)動画を見られるのが良かったです。
 
 
▼撮影時工夫したこと
基本的に子供のおやつを作って撮っているので、撮っている側から食べられないように😂朝早い時間や、子供が習い事でいない1人の時間に撮っていました。
受講当初は、小物やスタイリングに凝って沢山撮っていましたが、最近は撮りたいイメージをすんなり撮れるようになってきました。自分にとっては当初のやたら沢山撮ったことは生かされているので良かったと思います。



marimoコメント:
”自分好みの写真にすることが楽しかった” とのこと、私がこの講座を通して伝えたかったことを、まさに体感していただき本当によかったです♡
BeforeAfterのお写真、同じリスちゃんの形のお菓子ですが、全然印象が違いますね!
これからも楽しんでお菓子作り・撮影していって下さいね^^
 




【3】ポッターさん(海外在住・40代)

▼before
line_oa_chat_231024_113713


▼after
line_oa_chat_231024_113734

カメラ(Panasonic) 使用
 

本人コメント:
2回目の受講だったので、復習も兼ねて、さらにモチベーションを上げて自分の世界観を確立するために受講しました。

まだまだ迷いながらの撮影ですが、以前よりも思い描いたイメージに近い写真が撮れるようになりました。また、寄りの写真を撮るのも好きになりました。毎月課題がありますが、自分のペースで提出できるのでとても助かりました。


▼撮影時工夫したこと
次女がまだ小さくなかなか自分の時間が取れませんが、ご飯を作りながらイヤホンで聴き受講しました。大切なところだけは手を止めて凝視します。
お菓子を焼いた次の日に撮影できるよう、夫が家にいる週末にかけてお菓子を焼きました!
お菓子やパンを焼くのがストレス発散なので、1日に3つや4つ作る日もありました(笑)
 

marimoコメント:
”思い描いたイメージに近い写真が撮れるようになった” とのこと、写真の楽しさを実感されていることと思います♪
これからも講座の内容を活用して、ご自身ならではの写真撮影を楽しんでいって下さいね♡




【4】Yさん(千葉県・30代)

▼before
line_oa_chat_231024_114555


▼after
line_oa_chat_231024_114601

スマホ(iPhone13)使用
 
 
本人コメント:
受講前は撮影に時間がかかりすぎる、なかなかイメージ通りに撮れない、ワンパターンになりがちなどの悩みがありました。

受講後は、イメージを決めて撮る、という事を意識しながら半年間取り組んでいたら、効率よく、イメージに近い撮影ができるようになってきました。
色んな背景や小物を買い足し、ワンパターンだったのが、色んな雰囲気のパターンで撮れるようになってきました。
テキストの内容、全てが勉強になりました☺️

marimo先生の、ていねいな感じと、優しい雰囲気、生徒さんに寄り添った対応、レスポンスの速さが本当に素晴らしくて、とても信頼感が生まれました。
10月から、米粉の講座でもお世話になります♡
本当にありがとうございました😊


▼撮影時工夫したこと
いただいたアドバイスをノートにまとめ、毎回意識しながら取り組んでいたら、何となく撮っていた時と全然違く、自分でも変化がみえてとても楽しくできました!
添削はLINEで受けますが、ケータイを変えたら最初の方のLINEのトーク履歴が消えてしまいショックだったので、スクショやノートに書き留めておくと、すぐに見返せますしオススメです😊
 

marimoコメント:
イメージを決めて撮ることに取り組んでいただき、納得いく写真が撮れるようになってよかったです♡
ノートにまとめてくださり、ありがとうございました!
これからも楽しんで撮影していって下さいね〜♡




【5】Iさん(愛知県・30代)

▼before
line_oa_chat_231024_114921_group_0



▼after
line_oa_chat_231024_114921_group_1

カメラ(Canon EOS M3)使用


本人コメント:
受講前は、ほとんどのお菓子が茶色くなり写真映えせず、きれいに撮ることは諦めていました。
スタイリングセンスが無く、おしゃれな食器やカトラリーも持っていませんでした。
でもお菓子作りは大好きで、自分が作ったお菓子を写真に残したい気持ちはずっとありました。

自然光で撮ることすら知らなかったので、全てが新しい発見でした。
お菓子の生地感を伝えたくてアップの写真ばかりでしたが、バシッと決まる「黄金の構図」のおかげでスタイリングへの苦手意識が少なくなり、小物を使った引き気味の写真も撮れるようになりました。
また写真に残すことで、もっと見た目もきれいに作りたい!という気持ちが強くなり、お菓子作りもレベルアップしました。
 
3ヶ月時点でのシェア企画では、marimo先生に私の強みとして「分析すること」と言っていただきました。お菓子作りでも出来栄えや工程などを分析しながら作っていました。周りから「趣味なのにやり過ぎ」と言われたことがありモヤモヤしていたのですが、これが私の強みなんだ!と自信がつきました。
ずっと手作りのお菓子でフォトアルバムが作りたかったのですが、夢のまた夢でした。これからは実現できそうです。

写真講座募集記事の先生のコメント「お菓子の写真をおいしそうに撮る。ただそれだけのことで、日常が華やぐのです!」
…本当にその通りでした。こんなふうに撮りたいな〜、今度はこれを作ろう!お手本写真はどれがいいかな〜…と、毎日お菓子と写真のことを考えてワクワクしていました。
自作のお菓子を素敵な写真で残せるようになり、今後やりたいことも増えました!
大人になってからスキルアップのための勉強が出来たことも嬉しかったです(しかも自分の好きなことで)。
これからもテキストや動画で復習しながらたくさん撮影して、さらにレベルアップしたいです。
半年間ありがとうございました!
 

▼撮影時工夫したこと
【撮影時間の確保】
お菓子作りと写真撮影に集中するため、受講中は家族に理解してもらい、毎日のご飯作りにかける時間を短くしました。
【撮影の効率化】
撮影の前日にシミュレーションをして当日の無駄な時間を減らし、一度で数パターンの撮影をしました。
撮影する順番にスタイリングの簡単なイラストとメモを書いておき、当日はメモとお手本写真を見ながら撮影しました。
【質問方法】
撮影状況、工夫したこと、自分ではこう思う…などを書いた上で質問をしました。
そうするとより詳しくアドバイスがいただけたり、うまく伝わらない…ということもないと思います。
 

marimoコメント:
黄金の構図をマスターした上で、引き気味の構図も撮れるようになりましたね!素晴らしい上達です✨
自分のために投資をして勉強をして、ワクワクして過ごす...日常が彩りあふれるものになって、本当によかったです♡
これからも楽しんで撮影を続けてくださいね^^



【6】Tさん(東京都・40代)

▼before
line_oa_chat_231024_115253



▼after
line_oa_chat_231024_115249

スマホ(aquos SH53-C)使用


本人コメント:
受講前は自己流の撮影方法だったので、自分の思うような写真が撮れず、また写真の構図もマンネリになってしまっていました。

受講のきっかけは「marimo先生のような写真が撮りたい!」だったのでmarimo先生から写真について色々教えていただきとても勉強になりました。
写真の撮り方だけでなく、構図や小物の使い方、選び方、背景の作り方まで教えていただき盛り沢山の講座で大満足でした。
とにかく自分の撮りたい写真が撮れるようになってきたことが一番の成長です。
まだ100%ではないので更に勉強する必要はありますが、受講後の成長に大変満足しています。

これからは教えていただいたことを活かして、自分らしい写真が撮れるように頑張ります✨
半年間ありがとうございました😊 


▼撮影時工夫したこと
私は家事や育児、仕事をしながらの受講でなかなかまとまった時間が取れなかったので、ちょっとした隙間時間を見つけては動画を見ていました。
撮影時間の確保のため、撮影する前日にお菓子を焼き、当日は撮影のみに集中していました。
 

marimoコメント:
”自分の撮りたい写真が撮れるようになってきた”とのこと、素晴らしいですね!!
この講座をしっかりとご自身のものにされた証だと思います♡
これからもっともっと楽しく撮影できると思いますよ♡ぜひ楽しんでくださいね〜^^!




【7】Tさん(神奈川県・40代)

▼before
line_oa_chat_231024_115332





▼after
line_oa_chat_231024_115336

スマホ(Galaxy A54 SC-53D)使用


本人コメント:
受講前は、ワンパターンな撮り方、美味しそうに見えないことで悩んでいました。

受講後は、スマホでも撮り方一つで変わることが分かりました。色んな知識を先生から教わり、以前より成長出来たのは確実です
すごく分かりやすい動画で勉強になりました。途中、色々忙しかったのでStepが進みませんでしたが、駆け込みで何とか最後まで撮れました。先生が褒めてくれるのでやる気も出ます。もっと上手になりたいので、中級クラスも開講して欲しいです!


▼撮影時工夫したこと
動画を見て先生の言ったポイントをノートにまとめる。晴れの予報をチェックして、朝早く起きて撮影する。
 

marimoコメント:
”スマホでも撮り方一つで変わる”と実感され、成長できましたね^^!
動画の内容をノートにまとめてくださり、とても嬉しいです^^
これからもお菓子作り・撮影を楽しんでくださいね♡中級クラスもお楽しみに✨




【8】Jさん(神奈川県・40代)

▼before
line_oa_chat_231024_115531





▼after
line_oa_chat_231024_115535

スマホ(XPERIA SO-53C)使用


本人コメント:
受講前は、美味しそうにできたお菓子を、美味しそうに見えるように撮れず、スマホだから限界があるよね、と諦めていました。

講座を進めていくにつれて、それは必要な知識がないからだと痛感しました。
自然光って逆光じゃないの?ってレベルからスタート。恥ずかしながらピントを合わせることから始まり、先生のアドバイスで手ブレを防ぐために三脚を用意し、片手が空くことで気持ちにも余裕ができ、だいぶ自信がつきました。

ボケ感やレタッチ、そして小物の持つ役割、選び方、スタイリングの楽しさを知りました。今ではお店で無意識に「これ撮影に使えるかも!」と雑貨や食器を見ている自分がいます(笑)
ブログや#marimocafe写真講座で、みなさんの作品を拝見できたり、質問のシェアもよい刺激になりました。
まだまだお聞きしたいことがたくさんあるのに、あっという間に半年が過ぎてしまいました。いまだ自然光と戦っていたりしますが、これからも撮影を楽しんでいきたいと思います。ありがとうございました。


▼撮影時工夫したこと
先生の動画は初心者にもわかりやすく、そして情報量が豊富。ちょっと時間ができると電車の中で音源オフで字幕読めるし、夕飯作りながら先生の声を流したりして何度も何度も繰り返しました。

 

marimoコメント:
BeforeAfterのお写真、同じモンブランですが全然印象が違いますね!!
とっても美味しそうに撮れるようになりました♡
時間を工夫して取り組んでくださり、ありがとうございました!
これからも講座の内容を活用して、写真撮影を楽しんでいって下さいね♡




【9】Tさん(茨城県・40代)

▼before
line_oa_chat_231024_115815




▼after
line_oa_chat_231024_115812

iPad(第7世代)→Xperia 10III使用

本人コメント:
受講前は、お菓子作りが趣味でSNSにも投稿していましたが、そっけないし、周りのものは映り込むし、撮影する場所がないと思っていました。また手ブレやピントの合わせ方がわからないと思っていました。

撮影する場所の作り方は目からウロコでした‼️背景を2面でも使えるようになったら、この角度で撮りたいけど映り込むという悩みも激減しました。昼間の明かりでレタッチをするというのも今まで知りませんでした。
手ブレは三脚を使えば良いということで、タブレットやスマホを付けられる三脚をご紹介いただき、購入しました。
またカトラリーは最初1組ずつ購入していましたが、ペアの組み合わせで撮りたいなら2組ずつ購入した方がいいなと思っているところです。
小物も少しずつ増やしていきたいです😍

受講前はホントにひどい写真しか撮れなかったので、まだまだ初心者ですが、半年前より写真を褒めていただくことが増えました!
なによりわたし自身が撮った写真を見てテンション上がりました。
途中のブログでの紹介で、いただいたコメントも励みになりました。
褒めていただいたところも嬉しかったですし、そうか、撮る数をもっと増やしてみようと思いました。
是非また開講してください‼️半年間ありがとうございました‼️
 

▼撮影時工夫したこと
テーブルフォトを撮る、と身構えると、ハードルが高くなった気がして、腰が重くなる時期もありましたが、テーブルフォトグッズをまとめておいて、サッと撮れるようにしたら楽しくなってきました。
ここの時間にお菓子を作って、ここの時間で撮影して、ここの時間に食べる、という計画を立てると、撮る前に家族に食べられてしまうことも減りました。
 

marimoコメント:
周りのものが写り込む、というお悩みが解決したようでよかったです^^
自分の写真を見て自分がテンション上がる、って最高ですよね♡
写真の楽しさをお伝えできてよかったです!これからも楽しんでくださいね^^




【10】匿名さん(東京都・40代)

▼before
line_oa_chat_231024_130537





▼after
line_oa_chat_231024_130543

スマホ(iPhone SE2) と ミラーレス一眼(OLYMPUS)使用


本人コメント:
受講前は、背景をどうにかしたら少しはマシな写真になるんじゃないかなと思いながら、どうしたらいいのか分かりませんでした。

わたしは仕事で写真が必要なわけでもなく今後の仕事に活かしたいわけでもなく、ただ作ったお菓子を記録して残す(息子がなぜか食べる前に必ずスマホで写真を撮るのもあって)どうせ撮るなら少しでもmarimo先生みたいな写真が撮れたらいいなという軽い気持ちで受講したのですが、marimo先生をはじめ、一緒に受講された皆さんとのLINEでいろんな情報を共有させてもらい刺激を受け、写真を撮りたい欲がムクムク膨らみました。

テーブルフォト、スタイリング、という発想が全くなかったので、新しい発見でした。
基本的な自然光で撮る、ということを教わった時点から撮ることが楽しかったです。
テーマを決めるというのも新しく教えてもらったことで、スタイリングの楽しさも知ることができました。とっても有意義な半年間でした。

なかなか思うように撮れなかったりした日もありましたが、本当に写真を撮ることが楽しいものになりました。趣味が一つ増えたような感覚です。
人生をさらに豊かなものにしてもらいました。ありがとうございました。
 


▼撮影時工夫したこと
家の中のどこで撮るのか、どの時間の光が欲しいのか、そこを少しでも頭に入れながら撮る準備をするといいかもしれません。
動画は一度、一通り見て、撮る前にまた必要なところ、見たいところをを見る、という風にしていました。特に長いお菓子(ロールケーキなど)は直前に見て撮影しました。
 
 
marimoコメント:
”写真を撮ることが楽しいものになった” ”人生がさらに豊かになった”とのこと、本当に嬉しいです!
テーブルフォトというものを知ると、奥深くて楽しくて、やめられなくなります♡
楽しさを共有できてよかったです!これからも楽しんでくださいね^^





【11】Fさん(埼玉県・50代)

▼before
line_oa_chat_231024_130830





▼after
line_oa_chat_231024_130840

受講前:スマホ(iPhon11) → 受講中:カメラ(Canon EOS R50)使用


本人コメント:
受講前は、自然な色味にならない、ワンパターン化してしまうなど悩んでいました。

受講後は、自然光や空間、バランスに気を配るようになりました!
わかりやすい動画と先生からのアドバイス、そして皆さんの悩みを共有させて頂き、多くの気づきと学びのある講座でした。月1回しか課題を出せなかった事が悔やまれますが、これからも復習をしながらテーブルフォトを楽しんでいきたいと思います。ありがとうございました!


▼撮影時工夫したこと
日中はフルタイムで仕事をしているため、夜に動画を見て、土日に早起きをしお菓子作りと撮影をしていました。
 

marimoコメント:
撮影時間を工夫して取り組んでくださり、ありがとうございました!
途中でカメラを購入されたこともあり、半年で写真のクオリティがグッと上がりましたね✨
これからもお菓子作り・撮影を楽しんでくださいね〜♡ 





【12】Aさん(岐阜県・40代)

▼before
line_oa_chat_231024_143759



▼after
line_oa_chat_231024_143804

スマホ(iPhone SE (第2世代))使用


本人コメント:
受講前は、思ったように写真が撮れなくて、どこをどう直してよいかわからずモヤモヤしていました。
撮った写真に自信がなくて、見返すのも気が引けました。

この講座を受けて、
自然光を使い、お菓子に合うお皿や背景、小物を工夫しコツを掴むことで、イメージ通りの撮影ができるようになり、少しずつ自信がついていきました。
受講前の思い通りにならないモヤモヤが、撮影を楽しむワクワクする気持ちに変化したことが、とてもうれしい成長です。

特にレタッチを学んでからは、自分が目指す雰囲気に写真に仕上げることができ、スタイリングの幅も広がり、ますます撮影が楽しくなりました。

先生の丁寧で分かりやすいアドバイスに励まされ、また、受講生の皆さんの写真に刺激を受けて、最後までモチベーションを維持できました。
 
初めて知ることばかりで、学びや気づきの多い魅力的な講座でした。思い切って受講して本当によかったです。楽しくてあっという間の6ヵ月間、ありがとうございました。 

写真講座はとても魅力的な講座で、受講を悩んでいる方に自信を持ってお勧めしたいです。
 


▼撮影時工夫したこと
・ちょっとしたスキマ時間に動画を視聴する

・毎月の課題は、動画を全て見なくても、指定された動画とテキストを見て取り組む

・テキストだけでなく、お手本写真と解説が記載されたスタイリングブックも活用する
(スタイリングブックも充実した内容で、とても勉強になります)

・レタッチした写真は、時間や日にちを置き客観的な視点で見直す

・疑問点は、受講生のみなさんと共通部分が多いので、LINEでシェアされるQ&Aを確認してから質問する

・課題提出は、どんなイメージで撮ったか、撮影時に苦労したことなどの感想を添える

 
 

marimoコメント:
BeforeAfterで写真の印象が全く違いますね!!お菓子が映える構図を意識して、スタイリングをして、光を考えて撮る、という一連の流れがしっかりと身についたのだと思います♡
お忙しい中でも、工夫してしっかりと学んでいただきありがとうございました!
これからも撮影を楽しんでいってくださいね♪




【13】Iさん(東京都・30代)

▼before
line_oa_chat_231024_131239_group_0



▼after
line_oa_chat_231024_131239_group_1

カメラ(CanonG7X)使用


本人コメント:
受講前は、スタイリング方法やカメラの使い方を知りたいなと思っていました。

講座を受けて、デジカメの使い方、スタイリングの方法、スタイリングアイテムの使い方が少しずつわかってきました!

本当はもう少したくさん写真を撮ったり、スタイリングアイテムを揃えたかったのですが、なかなかできずにもどかしい気持ちもありました。
少しずつできるところから取り組みましたが、それでも成果が見られて嬉しかったです。
ありがとうございました!
これからも繰り返しテキストを参考にしてお菓子の写真の撮り方を勉強していきたいです。
 

marimoコメント:
スタイリング方法を知りたい、というところから、Afterのお写真では壁面を使った撮影もできていて
素晴らしい成長ですね^^
カメラの使い方もわかってきてよかったです♪これからも楽しんで撮影してくださいね^^




【14】大塚さん(東京都・40代)

▼before
line_oa_chat_231024_144001



▼after
line_oa_chat_231024_143949

スマホ(Android)使用


本人コメント:
受講前は、お菓子はたくさん作ってるのに撮影がヘタなので、SNSにアップできずにいました。
スタイリングがわからず悩んで時間がかかってしまうので、お菓子を作って終了…の日々でした。

受講後は、お菓子の作成から撮影まで事前にイメージしておく事が大切だと思いました。
いつ何を作り、どのような小物を使って撮影するかイメージしてから作ると、お菓子を作って撮影してSNSにアップする…が1日でスムーズにできるようになりました!

少しずつまともな写真が撮れるようになっていくと、撮影に対する苦手意識も薄れ、お菓子を作り撮影するという流れがスムーズにいくようになりました。
お菓子が上手に作れた喜びに加え、作ったお菓子が素敵に撮れる…楽しみや喜びが倍になりました。
この講座やmarimo先生のアドバイスのおかげです。
 
米粉のお菓子講座も受講していますので、この写真講座を活かして米粉のお菓子を素敵に撮影できたらなとおもっています。
引き続き他の講座も楽しみにしています。ありがとうございました(^^)
 

▼撮影時工夫したこと
まとまった時間が取れない私は、隙間時間を活用して学びました。動画は寝る前や家事の合間に。
撮影は被写体を決める、それに合わせたスタイリングを探す、小物を決める、撮影する、と何日かに分けました。
 

marimoコメント:
お菓子を作る楽しさ、撮影する楽しさ、両方を実感していただき、私もとても嬉しいです!!
まさに写真講座を通してお伝えしたかったことです♡
撮影のスケジュール感もつかめたと思いますので、これからも楽しんでお菓子作り・撮影していって下さいね^^





【15】Sさん(岩手県・30代)

▼before
line_oa_chat_231024_131712



▼after
line_oa_chat_231024_131715

カメラ(Canon Kiss10)使用


本人コメント:
作ったお菓子が美味しそうに撮れないことが悩みでした。

受講後は、写真を撮る前に、どんな構図でどんなスタイリングにしようか考えてから写真を撮れるようになりました。
また、太陽の位置を見て、どこの角度の光が良さそうか少し分かるようになったのが1番の成長かなぁと思います。
写真講座は動画が分かりやすいのはもちろんですが、毎月の課題提出や先生からの添削、他の生徒さんの質問&回答を共有できたり、盛りだくさんの半年間でとっても勉強になりました! 

まりも先生はとっても褒め上手で、送った写真をいつも褒めてくれたのが嬉しく、励みになりました。
まりも先生のおかげで思ったような写真が撮れるようになり、無趣味だった私が時間を忘れるくらい熱中できる趣味ができたことがとっても嬉しいです。 
半年間ありがとうございました! 


▼撮影時工夫したこと
最初に見た動画は結構忘れがちなので、都度見ると良いです!
 

marimoコメント:
動画、課題提出、質問回答シェア、全てしっかりと活用してくださり、素晴らしい成長でしたね✨
時間を忘れるくらい熱中しているなんて、嬉しいです♡
これからももっともっと楽しんでくださいね^^





【16】Sさん(北海道・50代)

▼before
line_oa_chat_231024_131940




▼after
line_oa_chat_231024_131949

スマホ(iPhone14pro)使用


本人コメント:
受講前は、お菓子をただそのまま撮っていましたが、出来上がった写真を見て『なんか違う』『全然美味しそうじゃない』と思いつつも、どうしていいのかも分かりませんでした。

Instagramでmarimo先生の写真講座のことを知り、少し悩みましたが思い切って受講することに!
講座では  自然光を使っての撮影方法、背景や小物を使ってのスタイリング、構図のこと、撮影後の写真加工などなど、知らなかったことばかりで それらをしっかりと学ぶことができて本当に良かったです。

まだ写真講座のことを知らない時に、お菓子の写真の撮り方をネットで調べたこともあったのですが、読むだけでは全然分からなかったんです。

また、半年間も続けることができるのか、とか、そもそも私にはセンスがないのに素敵な写真が撮れるようになるんだろうか・・・とか消極的な気持ちでしたが、毎月の課題提出後にmarimo先生から頂くアドバイスがとても楽しみで、分からなかったことが分かるにつれて写真を撮ることがどんどん楽しくなっていきました。
写真を撮りたいために以前よりもお菓子を焼く機会が増えました(笑)  
焼きながら『今度はどんな風に撮ろうかな』とワクワクしています♪ 
まだまだイメージ通りの写真を撮れませんが、構図を考えたり、スタイリングしたりするのがとても楽しいので、これからも私のペースで楽しみながら上達出来たらいいなと思っています♪   
本当にありがとうございました。


▼撮影時工夫したこと
動画はいつも家事をしながら観て、時間的に余裕のある日を課題撮影をする日と決めたら、その日までは提出するstepの注目の動画を何回か観て・・・という感じでした。
撮影中に疑問に思ったことは書き留めておき、課題提出の時にまとめて質問しました。
そしてmarimo先生からアドバイスを頂いたら、確認するためにもう一度撮影して提出しました。
2回提出できたのも、1ヶ月という時間があればこそだと思います。
 

marimoコメント:
お菓子作りのワクワクにプラスして、どんな風に撮ろうかな〜とワクワクする感じ、私も大好きです!
半年間しっかり取り組んでくださったので、見違えるほど上達しましたね!
これからも楽しんでお菓子作り・撮影していって下さいね^^




【17】Iさん(新潟県・30代)

▼before
line_oa_chat_231024_133416



▼after
line_oa_chat_231024_133421

カメラ(Canon EOS Kiss X9)使用


本人コメント:
受講前は、スタイリングも見よう見まねで、構図のバランスなど分からないまま撮っていました。
いつも撮影するのが夜になってしまって、電気の下で撮ることが多かったです。

受講後は、自然光で撮影するために意識を変えられたこと。下準備や工程を逆算し、日中に撮影できる時間を確保できるようになりました。
構図のバランスや、小物の入れ方など分かりやすく学べ、スタイリングにも楽しく取り組めました。

この講座は、お菓子を作っても時間が無くて写真までたどり着けない!って思っている人におすすめしたいです。
動画を見たり、テキストを読んでいくうちに、撮りたい気持ちが湧き上がってくる講座だと思います。 


marimoコメント:
撮影まで見越してお菓子作りをする、という感覚が身につきましたね✨
スタイリングもしっかり学べてよかったです^^
これからも楽しみながら、ご自身の世界観を広げていってくださいね!




【18】Kさん(千葉県・50代)

▼before
IMG_4093



▼after
line_oa_chat_231024_133641

スマホ(iPhone12 mini)使用


本人コメント:
今までは、なんとなくこんな感じ?まぁ、コレで…と妥協していたような気がします。
1期2期と受講させて頂きました。
お菓子が焼きあがるまでに、構図・お皿・以前の写真と見比べてからの背景・お気に入りの写真を参考にといろいろ考えながら、写真を撮る事が出来たように思います
自然光・撮影時間にもこだわるようになりました。ちゃんと出来てたかは別ですが…
 
ん?と思った時は、テキスト・動画で確認してからの撮影。
毎月の課題提出は、最初こなせるか不安でしたが、marimo先生に提出すると的確な丁寧なアドバイスを頂けるので、写真を撮るのもとても励みになり、受講期間の課題はクリアできました
お忙しい中、半年間どうもありがとうございました。

 

marimoコメント:
ただ漠然と撮るのではなく、しっかりと考えて撮れるようになりましたね^^素晴らしい成長です!
BeforeAfterのお写真は、同じマフィンですが全然印象が違いますね♡
これからも講座の内容を生かして、撮影を続けていってくださいね♪




【19】Sさん(東京都・50代)

▼before
line_oa_chat_231024_133712



▼after
line_oa_chat_231024_133718

スマホ(iPhone)使用


本人コメント:
1回目の受講が最後の駆け込みだったため、一気に頭に入れようとして詰め込みすぎて何がなんだかよくわからなくなってしまい2回目を受講しました。

動画とテキストで丁寧に教えてくださっているにもかかわらず私の能力不足でモヤモヤしていたところに対面レッスンをしていただき、やっとモヤモヤが晴れました!
自然光を使い光の向きを見て撮影すること、小物の使い方、ボカシ方、レタッチの方法…と教えていただいてから、撮りたい写真が撮れるようになってきました!
娘や友達からも写真が変わった!素敵になった!と言ってもらえて嬉しかったです。

写真講座は、せっかく作ったお菓子をもっと素敵に写真に残したい人。思い通りに写真を撮りたい人におすすめです。
 

marimoコメント:
モヤモヤしていたものが晴れてきて、褒められるようになったとのこと、本当によかったです^^
撮りたい写真が撮れるようになると嬉しいですよね♡
これからも講座の内容を振り返りながら、撮影を続けていってくださいね^^





【20】Tさん(東京都・60代〜)

▼before
IMG_4095



▼after
line_oa_chat_231024_133758

スマホ(iPhone14)使用


本人コメント:
受講前は、背景が写り込んでしまうのが悩みでしたが、受講後は撮る角度や切り取り作業でかなり進歩したと思います!
撮りたいイメージはあるのですが、それをどう撮れば良いのか?も悩みでした。
元々苦手な《レタッチ》あたりから、あっ良い感じ✨という時と、あれ?これで大丈夫?とわからなくなってしまう事も増えました。 今後は、動画をまた振り返りながらじっくり取り組む時間を取っていきたいです。
年内には、ホームページを作りたいと思っていますので、ホームページ用の写真(商品として)Instagram用の写真(イメージ感強め)とそれぞれの特徴を活かした写真を撮れる様にと思っています。
これからも、marimo先生のInstagram、ブログなど楽しみにしております💖  ありがとうございました❤️



▼撮影時工夫したこと
たくさん撮って、たくさん質問することに尽きると思います。
お菓子を作っても、時間に追われてすぐにラッピングしてしまい「あ〜写真撮るの忘れた😵」ということが多くて😅  
写真を撮る日は、ちゃんと時間を取って、何パターンもじっくり取れるようにしたら良かったです。
動画は、ステップごとにじっくり見て、その月の課題のみをしっかり練習するのが良いと思います。 
 

marimoコメント:
背景の写り込みに対して、解決策が見出せてよかったです^^
たくさんの情報をお伝えしたので、こんがらがってしまうこともあったかもしれませんが、
また動画を見返していただき、楽しく撮影していってくださいね♡






【21】Mさん(奈良県・50代)

▼before
line_oa_chat_231024_133921



▼after
line_oa_chat_231024_133936

スマホ(iPhone14 pro max)使用


本人コメント:
受講前は、いつも同じ写真で面白みがないと思っていましたが、
受講後はぼかし感や色味の出し方が上手になったと思います!

腰を据えて出来たのは、最後の一ヶ月半ほどでしたが、その時に分からなかった事を沢山質問出来たので良かったです。分からないことは何でも質問すると先生が的確に教えてくれます。
まだ観れてない動画もあるので、これから勉強していこうと思っています。
写真撮るの面倒くさいなぁと思っていたのが、このお菓子はどう撮ろうかなぁと思えるようになってきたのが一番嬉しいです!

写真講座は教室やお店をしている方に限らず、趣味で撮る方でもいいと思います! 


▼撮影時工夫したこと
動画は、忙しい時はご飯を作りながら観てました!
撮影は、お店用に作ったものを冷凍しておいて、撮れる時に使っていました!



marimoコメント:
写真は面倒くさいというところから、「どう撮ろうかなぁ」とワクワクするところまで変化でき
本当によかったです^^
ぼかしや色味もとっても素敵に表現できるようになりましたね♡
これからも楽しく撮影していってくださいね♪




【22】Fさん(埼玉県・30代)

▼before
line_oa_chat_231024_134717



▼after
line_oa_chat_231024_134722

カメラ(EOSKissM2)使用


本人コメント:
受講前は、スタイリングをして綺麗な写真が撮りたいなと思いつつ、スタイリングの仕方がわからず結局いつも同じようなパターンで撮影をしていて、もっと自分で作ったお菓子を綺麗に撮影できたら良いなと悩んでいました。

講座を受けてみて、テーブルフォトはテーブルの上で撮影しなくても良いんだというところが1番驚きでした!これまではまずテーブルを片付けてから…だったのが忙しくてもサッと準備をして撮影ができるようになりました!

自信がなく少しつまらなかった写真が今ではとても楽しく撮影ができて嬉しいです
こんなに情報を頂いていいの!?と思えるくらいたくさんのことを学ばせて頂きました。
marimo先生のおかげで半年しっかり学ぶことができました!  本当にありがとうございました♡



▼撮影時工夫したこと
私は子供がお昼寝中に動画を見たりして、1人で遊んでくれているタイミングなどで撮影をしていました!撮影は明るい時間が良いので、お菓子作りは撮影の前日や夜などに済ませておきました。

写真講座は、子育て中など忙しい人におすすめします!
私は今1歳児を子育て中でまとまった時間がないのですが、それでもちょこちょこ動画を見たり、毎月の課題に合わせてしっかり学べました。
忙しくても完走できたのは詳しい動画やテキスト、marimo先生の細やかなサポートのおかげです。


marimoコメント:
子育て中のすきま時間を見つけて、しっかりと学んでくださりありがとうございました!
テーブルの上で撮影しないこと、お伝えできてよかったです♡気楽になりますよね♡
これからもご自身の世界観を広げていってくださいね^^




【23】Hさん(神奈川県・30代)

▼before
line_oa_chat_231024_134753



▼after
line_oa_chat_231024_134756

スマホ(iPhone)使用


本人コメント:
受講前は、構図がうまく作れない、写真が暗い、美味しそうに見えない...と悩んでいました。

受講してみて、やはり自然光を利用して撮るのが一番きれいで、夜電気の下で撮るのはもってのほかだなと感じました。

構図はまだまだ自信がないので、素敵だなと思う作品を真似して、自信をもって自分のものにできるようにしたいと思っています。


▼撮影時工夫したこと
動画は一気見してしまうほど、テンポ良く構成されていました。音声が聞けない時は字幕で観ました!
 

marimoコメント:
自然光での撮影の大切さを実感してくださり、嬉しいです^^
字幕も活用して学習してくださりありがとうございました!
これからもたくさん写真を見て、ご自身のものにしていってくださいね♪




【24】Hさん(福島県・30代)

▼before
line_oa_chat_231024_134856



▼after
line_oa_chat_231024_134859

カメラ(Canon EOS X10)使用


本人コメント:
受講前は、自然光で撮る割にはなんかちょっとイメージと違うな〜とぼんやりとした悩みがありました。
仕事でもたまに写真を撮るので、もう少しプロっぽく撮れるようになれたらなとも。

受講後、まずはイメージに近づけるためには小道具を惜しまないことも大事だなと思いました!
背景やスタイリングアイテムは家にあるものでなんとかしたいと思ってましたが、今回思い切って色々揃えてみたら全然違う……!と。
あとは三脚も面倒臭がらないでちゃんと使う!大事だなと思いました。
動画は一本一本見やすい長さで、仕事の休憩時間にちょこちょこ観れてよかったです♪

添削では、「ここがちょっと微妙かなー」と思っているところを何も申告せずとも指摘頂いたり、こんなところまで?!とびっくりするような細かいところの話をして頂いたり、思っていた以上に課題を見ていただけてとても参考になりました♡

写真講座は、”なんか違うけど何が違うかわからない!”という方におすすめしたいです。毎月のテーマに取り組んでいけば、段階を踏んでステップアップできたのでとても学びやすかったです!
 
中級クラスも楽しみにしています✨✨



▼撮影時工夫したこと
許される限り何度も質問する!
私は毎月1回程度しか課題提出できなかったので、他の方のようにもう少し積極的に添削してもらえば良かったなと思いました。
 

marimoコメント:
お仕事の休憩時間も活用して取り組んでいただき、ありがとうございました^^
afterのお写真はとても雰囲気があって素敵に撮れていますね♡お見事です✨
これからも楽しんで撮影を続けていってくださいね♪





【25】Sさん(千葉県・50代)

▼before
line_oa_chat_231024_135604



▼after
line_oa_chat_231024_135606

スマホ(AQUOS)使用


本人コメント:
受講前は、どう撮影したらいいのか分からなく、出来上がったお菓子やパンをそのまま撮影していました。撮った写真もレタッチなどしていないので全く美味しそうに見えなくて撮影するのも止めてしまいました。

受講してからは全て変わりました!
自然光をあてる方向、カメラ(スマホ)を構える位置、スタイリングも今回からはじめてやってみて最初はどうやっていいのか、上達しない自分に悩みましたがmarimo先生からの【お悩み相談シェア】や先生からの添削のアドバイスを参考に、もう一度同じ様な写真を撮影し添削してもらい理解するようしました。

marimo先生の写真やお菓子が好きでブログを読むことからはじまり、お菓子の通信講座を受け今回写真も受講しました。
質問の回答も分かりやすく、とても丁寧に教えて下さりありがとうございました! 


▼撮影時工夫したこと
私の場合、日曜日しか時間をとれる事ができなかったので、焼き菓子など冷凍できるお菓子を時間があるときに準備し、日曜日にいくつかまとめて撮影をしていました。
もう少し時間がとれていたら、ケーキなど撮影したかったです。
 

marimoコメント:
どう撮影したら良いか分からないところから、受講して全て変わった!とのこと、嬉しいです^^
何度も繰り返し取り組んだことで、着実に上達できましたね♡
これからも、お菓子作り・撮影を楽しんでいってくださいね^^





【26】Kさん(茨城県・40代)

▼before
line_oa_chat_231024_135927




▼after
line_oa_chat_231024_135932

カメラ(Canon EOS Kiss M2)使用


本人コメント:
アトリエのレッスンや前回の写真講座を受講していました。スタイリングが同じになりがちなのとレタッチが苦手なのが悩みでした。

スタイリングのアイテムが増えたのもあり、前よりスタイリングのレパートリーが増えた気がします。
黄色のもののレタッチが苦手でしたが使っていなかったアプリを教えていただき、レタッチの幅が広がりました。たくさん写真を撮る中で自分が得意な構図とか色とかがわかってきました!

写真講座は、お菓子やお料理を美味しそうにみえるように撮りたい人にお勧めしたいです!


▼撮影時工夫したこと
どんな構図にするかは前もって何パターンか考えておくのがよいと思いました。
 

marimoコメント:
以前からご受講くださり、ありがとうございます^^
年数を経るごとに上達し、質問のレベルが高くなり、写真の完成度が上がってきていますね♡
ご自身の好きな構図・色などが表現できるようになりよかったです!
これからも楽しんでくださいね♡
 



【27】Oさん(埼玉県・30代)

▼before
line_oa_chat_231024_135958


▼after
line_oa_chat_231024_140002

スマホ(iPhone13mini) , カメラ(OLYMPUS PEN Lite E-PL6)使用


本人コメント:
受講前は、せっかくお菓子を作って写真を撮ってもただの記録写真になってしまい、美味しそうなお菓子の写真が撮れず、写真に自信が持てませんでした。

受講後は、自分が撮りたいイメージを考えながら、その写真を撮るにはどうしたら良いかを考えながら写真を撮ることができるようになってきました。
光や構図、角度、レタッチ、スタイリングなど沢山の事を毎回ステップを踏みながら学ぶことができたので、毎回少しずつ写真が上手く撮れるようになっているのを実感することができ、写真を撮るのがとても楽しくなりました。
また自分のペースで課題を進める事ができたこと、他の受講者がどんな写真を撮ったり質問をしたりしているかをシェアしていただけたことがとても良かったです。


▼撮影時工夫したこと
私は毎回お菓子を作る余裕がなかったので、購入したお菓子を使用して写真を撮る事もありました。
事前にどんな風な写真を撮るかを考えて仕事に行く前などに時間を見つけて撮ったりもしました。
またmarimoさんのメルマガを読むことがモチベーションアップに繋がりました!
 

marimoコメント:
写真を撮るのが楽しくなったとのこと、よかったです^^
他の受講生の方のお写真や質問も吸収して、半年間でしっかり上達できましたね!
メルマガも読んでくださり嬉しいです〜♡これからも楽しんで撮影していってくださいね!




【28】鈴木さん(東京都・40代)

▼before
line_oa_chat_231024_140037




▼after
line_oa_chat_231024_140039

スマホ(Oppo rino3 5G)使用


本人コメント:
受講前は、写真自体が初心者でわからないことばかりでした。自由に撮っていても楽しいですが、目で見たお菓子はおいしそうなのに写真に撮るとおいしそうに見えなかったので、スマホの限界なのかな?と半ばあきらめていました。

受講後、最初の課題の「自然光で撮ってみる」というやり方だけで、今までの写真と格段にレベルアップしたと思います!
画像の加工も、初めは抵抗がありましたが今では加工しないと完成になりません!
一番おもしろかったのは、写真を撮る時に壁紙を敷いたりレフ板を使ったりと、まるでそこがプチ撮影所みたいになることです!きっと、受講された生徒様ならわかってくださると思うんですけど…なんだろう、周りは日常の空間なのに撮影するあの一角だけスタジオみたいな…あのシュールな空間!あのワクワク感が楽しすぎました✨

今回のmarimo先生の動画の中には、写真だけでなく自分がお菓子教室や販売をすることになった時の参考になるお話もありました。写真以外でも勉強になることがたくさんあるので、お菓子作りで独立したい方にもおすすめしたい講座です!


▼撮影時工夫したこと
もし時間に余裕があるなら、初めに一度全ての動画を観ると良いかと思います。
課題ごとに押さえておくべき動画を観るだけでもできますが断片的になるかもしれないので、イメージとして全体を掴む方が理解が早いかもしれません。
 

marimoコメント:
そうなんですよね、シュールな空間。笑 それがまさにテーブルフォトなのです!
自然光で撮ったり、レタッチをしたり、今までよりも格段にレベルアップできて本当によかったです♡
これからも楽しく撮影を続けていってくださいね♪ 




【29】Iさん(埼玉県・40代)

▼before
line_oa_chat_231024_141050




▼after
line_oa_chat_231024_141054

スマホ(iPhone11)使用


本人コメント:
受講前は、美味しそうな写真の撮り方やスタイリングの仕方がわからない、iPhoneの機能や加工アプリの知識が少ないなぁと思っていました。

受講後は、オリジナルじゃないといけない!と思っていたけど、まずは他の人の真似からで問題ないと先生がおっしゃっており、いろんな写真を意識する&真似するようになりました。

写真講座とても楽しかったです!


▼撮影時工夫したこと
月一課題があるけどとりあえずマイペースで
 
 

marimoコメント:
いろんな写真を意識して真似することで、引き出しが増えていくのを実感できたと思います^^
課題にもしっかり取り組んでくださり、ありがとうございました♡
これからも楽しんでお菓子作り・撮影を続けていってくださいね!
 




【30】Kさん(埼玉県・40代)

▼before
line_oa_chat_231024_142053



▼after
line_oa_chat_231024_142055

スマホ(iPhone)使用


本人コメント:
受講前は、お菓子を作っても美味しそうな写真が撮れなかったので、誰にも伝えられなかったのが寂しかったです。インスタとかで、美味しそうに撮ってる人に憧れていました。

写真講座は難しいのかとおもってましたが、こんなにも、取り入れやすい内容だと思いませんでした。たくさんのことを学べて、素敵な写真を撮れる様になるとは思わなかったです!
重要なことばかり、でも、分かりやすい内容で、とっても満足感がありました!そして、先生の柔らかいお人柄が動画から感じられて、可愛いなぁと、癒されていました!

一つの動画の時間もちょうど良い長さだし、字幕もはいっていたので、メモもしやすかったです。
毎月、課題を提出するのが特によかったです!

今回学んだことを、活かしてもっと頑張ります。ありがとうございました! 



▼撮影時工夫したこと
会社のお昼休みに、動画をみていました。
最後、提出がたまってしまったので、毎月提出は、遅れない様にすると良いと思いました。
 

marimoコメント:
会社のお昼休みの時間を使って取り組んでくださり、ありがとうございました!
難しいと思いきや、意外と取り入れやすかったとのことでよかったです^^
講座の内容を生かして、これからも撮影を続けていってくださいね♡ 




【31】Fさん(奈良県・40代)

▼before
line_oa_chat_231024_142139



▼after
line_oa_chat_231024_142135

カメラ(Nikon D90)使用


本人コメント:
受講前は、一眼レフカメラを譲ってもらったけれど使い方がわからない。写真が暗く撮れてしまう。美味しそうに撮れない状態でした。

受講後は、撮影時に明るくできるようにもなり、撮影後もレタッチで明るく修正できるようになり、自信がつきました。

marimo先生から何度も「どういう写真が撮りたいのか、何を伝えたいのか」という問いかけがあり、自分の中でイメージが沸いてこないことにかなり苦戦しました。また、はっと気付かされることがたくさんありました。
理解が追い付かず、なかなか前進できなかったのですが、受講前とは格段に写真が変わったので、受講して良かったと心から思っています。本当にありがとうございました!


写真講座は、写真を上手に撮りたい方はもちろんですし、レシピの撮影方法も教えてもらえるので教室やレシピ提供をしたい方にもおすすめの講座だと思いました。



▼撮影時工夫したこと
動画を見ても忘れてしまうことがあるので、チェックポイント表を途中で作成しました。動画を見るたびに作っておけば時間短縮できたなと感じています。
自然光の撮影は、夕方になると難しくなってきます。16時くらいまでには撮影を終えるようなスケジューリングが大切と感じました。


marimoコメント:
チェックポイント表を作ってくださったのですね、ありがとうございます^^
beforeのお写真と比べて、格段にレベルアップしましたね!
これからも講座の内容を生かして、ご自身の世界観を広げていってくださいね♡ 





【32】Kさん(愛知県・40代)

▼before
line_oa_chat_231024_142433



▼after
line_oa_chat_231024_142436

スマホ(Android)使用


本人コメント:
受講前は、スタイリングとカメラの角度に悩んでいました。

受講後は、スタイリングが時間をかけずに思うようにできるようになりました。
スマホでもテクニック次第で綺麗に撮影できるようになりました。

LINEで生徒さんの質問を共有してもらえたので参考になりました。
誉めてもらえるとやる気が出ました!ありがとうございました!


▼撮影時工夫したこと
私は撮影時間の確保が難しかったので、翌日の天気予報を確認して天気のいい日を狙ってやる気を出しました!

marimoコメント:
お天気を調べながら、課題に取り組んでくださりありがとうございました^^
スタイリングに時間がかからなくなったこと、スマホでも綺麗に撮れるようになったこと、
素晴らしい成長ですね♡これからも楽しんで撮影してくださいね✨ 





【33】Hさん(北海道・30代)

▼before
line_oa_chat_231024_142628_group_0


▼after
line_oa_chat_231024_142628_group_1

カメラ(RICOH GR-Ⅱ)使用


本人コメント:
受講前は、茶色いお菓子、茶色のテーブル、同じような構図で変わり映えがなく美味しそうな写真が撮れないことに悩んでいました。

写真講座は、構図や小物使い方、写真の編集方法など独学では分からなかったことを効率よく学べるとても実りのあるレッスンでした
写真を撮る際に迷う時間が少なくなり、自分でも「美味しそうに可愛く撮れたな」と思える写真を撮れることが多くなりましたし、人に見せるのが恥ずかしくなくなりました。

半年間ありがとうございました。とても学びが多い充実した時間になりました!
これからもたくさん写真を撮ってスキルアップしていきたいと思います! 


▼撮影時工夫したこと
・通勤時間など隙間時間を使って動画を見る
・お菓子を作る時間がない時は市販の物でいいのでまず写真をたくさん撮ることを目指す
・スマホやタブレットなどでお手本にしたい写真を見やすい状況で撮影する


marimoコメント:
ご自身で「美味しそうに可愛く撮れたな」と思えるって、本当に嬉しいですね^^
通勤時間など、すきま時間をうまく活用して取り組んでいただいた成果が出ましたね!
これからも楽しく撮影を続けていってくださいね♪ 





【34】Sさん(埼玉県・20代)

▼before
line_oa_chat_231024_142847



▼after
line_oa_chat_231024_142902

カメラ(OLYMPUS MarkⅡ)使用


本人コメント:
以前も受けたことがありましたが、自分の身になっているか不安であった事、光の使い方、必要な道具や小物を選ぶポイントを知りたくて受講しました!

受講後は、インスタを見てもらった時に、すごいね!って言ってもらえる機会が増えました!
途中なかなか時間がとれず、せっかく受講しているのに、、とメンタルが落ち込んだ時もありましたが、インスタには期間が空いても上げ続けていたので、見てもらって褒めて頂いた時は嬉しかったです!

わかりやすいテキスト内容と動画で、とても充実した講座でした😌
今、この文章を書きながらもっと出来る事があったなと感じてます。これからもテキストを見直して、繰り返し勉強していきたいと思います。

改めて、サポート頂き、ありがとうございした。これからも頑張ります😌



▼撮影時工夫したこと
私は夕食後、お皿を洗いながら動画をつけていました。その後、もう一度見返してポイントをノートに書くなど。
撮影時間はバラバラになりがちであれば、天候等のメモをとる。

 

marimoコメント:
ノートにメモしながら取り組んでくださりありがとうございました^^
すごいね!って褒めてもらえて、嬉しいですね^^素晴らしい上達です♡
これからも動画を見返しながら、撮影を続けていってくださいね✨ 



.。o○.。o○.。o○.。o○



以上、34名の作品のご紹介でした!!


改めて、みんな、すごい!!!素晴らしいです♡
受講前と後で、全然違う✨


世界がまるっきり変わったと思います^^



卒業展示には参加できなかったけれど、
熱心にご受講頂いたみなさまも、ありがとうございました^^!!




”せっかく作ったお菓子を、おいしそうに撮る”
ただそれだけのことですが、とっても奥が深く、楽しい世界です。



食べてしまうとなくなってしまうお菓子ですが、写真に撮ることで
愛着と思い出を残すことができます✨



そして「おいしそうに撮れる」から、広がる世界があります。
自分の「おいしい!」を相手に伝えられるからこそ
次のステップへ繋がっていくのです。


お菓子販売をしたい、教室を開きたい、カフェをしたい、
そんな夢を叶えてくれるのが「おいしそうな写真」です。



「実際においしいこと」と、「おいしさが伝わる」ことは別の話なのです。



おいしさが伝われば、応援してくれる人も増えて、実現につながっていくのです!



受講生の中には夢を追いかけている方も多いです♪
この講座が、後押しとなればとても嬉しいです^^





今後も、お菓子作りや写真の楽しさを伝える活動をしていきます。


今後ともよろしくお願いします♡




.。o○.。o○.。o○.。o○



<写真講座について>

お菓子をおいしそうに撮るための
写真講座を行なっています♡
詳細はこちらの記事にて。


次回は
【第3期生】2024年1〜6月コース
を2023年12月に募集します!

募集開始の際は公式LINEでお知らせします。
登録をお願いします^^
公式LINE : https://lin.ee/opKp1Ih



また、ブログ・SNSでもお知らせしますので
フォローしてお待ちくださいませ^^
↓をクリック✨




 
.。o○.。o○.。o○.。o○


今日も読んでいただきありがとうございました!
読者登録するとアプリに更新通知が届きます!
LINEでの更新通知サービスは終了しますので、アプリの登録をお願いします🙏
↓をクリック✨


※登録者の情報は私に通知されませんので、ご安心ください。



【お菓子作りで夢を叶える】
www.reallygreatsite.com
好きを仕事にするヒントをお届けします♪
無料メルマガの詳細・お申込はこちらの記事にて。



【レシピ本 最新刊のお知らせ】
おかげさまで重版♡3刷り!


新作レシピを40品以上載せています!
初心者の方でもわかりやすいよう
ポイント解説や工程写真もたっぷり♪
『本当においしいお菓子の作り方』
(KADOKAWA)



インスタグラムも更新中! → @marimo_cafe


お仕事のご依頼は、ホームページにて承っております。









1-4

こんにちは。お菓子研究家のmarimoです^^


米粉講座の生徒さんへご連絡です!



11月の発送予定は下記のようになっています♡



◆11月1日(水)...見本なしコース(テキストのみ)

◆11月2日(木)...各月発送コース「クッキー3種」

◆11月10日(金)...まとめて発送コース 前半40名様

◆11月17日(金)...まとめて発送コース 後半40名様



お菓子については、
できたての新鮮な状態でお届けするために
日程を分けて製作しています。



焼き菓子は日持ちがするのですが、
焼きたてに勝るおいしさはないと思うのです^^




スタッフ総出で作業していますので、
お待たせしており申し訳ありませんが、
どうぞよろしくお願いいたします(*´ -`)(´- `*)



★講座詳細はこちら

米粉講座




11-2



今日はハロウィンですね〜🎃



何かお菓子を作りますか^^?



うちは娘が体調不良のため、
ハロウィンどころじゃない感じです^^;



今週末は七五三をする予定なので、
体調回復しておくれ〜〜〜と祈る気持ちです🙏



娘は初めての着物✨
そして私も着物を予約しております!!



はじめは娘だけでいいかなと思っていたのですが、
メルマガ読者さんに「母親も着ると思い出に残りますよ♪」と
メッセージをいただきまして、一念発起しました!!



じーじ、ばーばも来てくれる予定なので、
楽しみ!


体調回復を祈るばかりです・・・!!!







.。o○.。o○.。o○.。o○


今日も読んでいただきありがとうございました!
読者登録するとアプリに更新通知が届きます!
LINEでの更新通知サービスは終了しますので、アプリの登録をお願いします🙏
↓をクリック✨


※登録者の情報は私に通知されませんので、ご安心ください。



【お菓子作りで夢を叶える】
www.reallygreatsite.com
好きを仕事にするヒントをお届けします♪
無料メルマガの詳細・お申込はこちらの記事にて。



【レシピ本 最新刊のお知らせ】
おかげさまで重版♡3刷り!


新作レシピを40品以上載せています!
初心者の方でもわかりやすいよう
ポイント解説や工程写真もたっぷり♪
『本当においしいお菓子の作り方』
(KADOKAWA)



インスタグラムも更新中! → @marimo_cafe


お仕事のご依頼は、ホームページにて承っております。





こんにちは。お菓子研究家のmarimoです^^


marimo cafeのアトリエ7周年を記念して、
ブログ上で特別記事を連載中です✨


本日は最終回!
marimoのアシスタントを経て料理家へ。
念願のレシピ本も出版した藤井さんのお話です♪



ぜひご覧ください✨


Sunday Morning-2

オンラインレッスンを開催したり、企業へのレシピ提供をしたり、InstagramやYouTubeにレシピや動画を投稿したりと大忙しの料理研究家・フードコーディネーター・藤井玲子さん。
2023年の春には、初の著書『切りっぱなし&ねじねじで絶品 ゆるっと本格パン』(エムディエヌコーポレーション)も出版しました。
そんな大活躍の藤井さんに、marimo cafeでのアシスタントの経験から得たものや、現在のお仕事のこと、将来料理を仕事にしたいと思っている人へのメッセージに至るまで、お話を伺いました。



【Episode1】仕事が辛くて大変だった時に出会った料理教室

食べることは好きだったけど、作ることは…


――子どもの頃からパン作りや料理が好きだったんですか?

それが、全然(笑)。大学生まで今の仕事に結びつくようなことは特になくて。「炊飯器でご飯がギリギリ炊けるかどうか」みたいな料理下手でした。カレーも市販のルーの箱の裏に書いてある作り方をしっかり見ないと作れないみたいな、そのぐらいの料理のレベル。大学時代も実家暮らしだったので、料理する機会がほとんどなくて。

食べることはすごく好きでしたし、食への関心はあったんですけど、それを仕事にするというのは考えてなかったですね。お菓子屋さんでアルバイトしたこともありましたが、製造ではなく販売のお仕事を選択していたほど。

元々料理家になりたいと思っていたわけではなかったので、大学卒業後は商社の営業職に就職しました。男の人に負けずにバリバリ働きたいという気持ちがあったんですよね。趣味で食べ歩いたお店のことをブログに書いていたりはしていましたが、まだこの頃も、料理家になるってことは頭になかったです。



こねずに作るプチカンパーニュ
▶︎藤井さんのレッスンより「プチカンパーニュ」


たまたま勧誘された料理教室での体験が大きなきっかけに


――全く料理とは関係のないお仕事ですね。どんなきっかけで料理に興味を?

商社での仕事自体は好きだったんですけど、会社の環境が合わなくて、辛い日々が続いていました。そんな時に、たまたま大手料理教室の前を通ったら、「体験教室やってみませんか?」と声をかけられて。それで、体験してみたらめちゃくちゃ楽しかったんです。母親も仕事で辛そうにしている私を見ていたから、「入会金くらいなら払ってあげるから始めてみたら?」と言ってくれて、そこから通い始めることに。仕事がとても忙しく、平日は最終電車で帰宅する日が多くて、週末は寝て終わることが多かったんですけど、毎週末電車に30分乗って料理教室に出かけるようになって、すごく生活が変わったんですよね。


――大きな変化ですね!それからは仕事を続けながら料理教室に通われたんですか?

料理教室に通うようになってから、私のプライベートの時間の使い方が大きく変わっていきました。そんな様子を両親も見ていてくれたのか、ある時、母とテレビドラマを見ていたら、主人公の女の子が本当に好きな仕事に就くみたいなシーンが流れて、その時に「食べることが好きなんだから、そういう仕事に就いたらいいんじゃない?」と言われたんです。その時、「そういう選択肢もあるんだ」と気づいて、通っていた料理教室に転職を決めました。


――料理教室に転職とは思い切った決断ですね。

その時はかなり仕事が辛くて辛くて…、どん底。商社に入社して2年ちょっとくらいの時期でしたが、料理教室に転職してみてもしダメだったら、私には会社員が向いていない、社会不適合者なんだ、そうなったらどんな仕事もうまくいかないくらいの気持ちで、思い切って飛び込むしかありませんでした。     

また、料理教室でも営業職だったんですけど、頑張れば頑張るほどインセンティブがもらえる制度が私には合っていました。集客をしながら、レッスンも担当するという仕事内容で、営業活動は決して簡単ではありませんでしたが、ここでダメならどこで働いても無理かもと思って全力で働いたので、トップクラスの成績を出すこともできて、入社2〜3年目くらいで店長になりました。トータル6年くらい働いたんですけど、最後の4年間は店舗運営、スタッフ育成、採用業務を経験させて頂き、ありがたいことに、責任者としてリニューアルオープンの店舗も担当させて頂きました。    




【Episode2marimoさんとの出会いは写真教室


〈お菓子研究家〉という肩書


――marimoさんとはどうやって出会われたんですか?

商社時代に食べ歩いたお店のことをブログで書いたり、料理教室に通い始めてから自宅でパンやお菓子を作るようになって、その写真を撮るように。でも、写真を上手に撮れないから、写真教室に参加したんです。その教室では、隣の人とペアになって作業をするプロセスがあって、そこでペアになったのがmarimoさんでした。そのときに、marimoさんから名刺をもらったんですけど、その名刺に〈お菓子研究家〉と書かれていたんです。当時、marimoさんは会社員をしながらブロガーをされている頃だったので、独立はされていなかったんですけど、肩書としてお菓子研究家と名乗るのか!という、驚きがあって。同時に、そういう仕事をしている人が世の中にいるんだって初めて知ったんですよね。それからは、marimoさんのブログを欠かさずチェックしてました(笑)。


――では、marimoさんとの出会いが料理家を目指すきっかけに?

もちろんmarimoさんとの出会いが大きいですけど、料理教室に通い始めたころから段階的に気持ちが動き始めた感じです。料理教室に通えば通うほど、自分でこんなものが作れるんだと感動すると同時に、経験値も上がっていって。そこから、だんだん料理教室の先生に憧れが芽生えていったんですよね。でも教室でビジネスをしようとまでは考えていませんでした。今まで男の人に負けないくらい働きたいと思っていたけど、自宅で小さな教室をして、ゆっくり働くのもいいなと思い始めて、じゃあ料理教室で数年勉強させてもらおうと思ったのも転職した理由のひとつ。でも、いざ転職したら、仕事に没頭してしまっていました。     


――忘れてしまっていたものを思い出す出来事があったんですね?

転職して4年目くらいのときに、marimoさんがアトリエを作る過程をブログに書いているのを見て、「アトリエ作るんだ、すごいっ!」と思っていたら、お菓子教室を始めますといういう情報がアップされていて。一期生で参加したい!と思って通い始めました。教室に通ううちにmarimoさんに「人手が足りないから手伝って欲しい」とお声がけいただいて、お手伝いにいくようになりました。

仕事が休みの日にたまにmarimoさんのお手伝いをしながら、お菓子教室にも通っていました。そうしてmarimoさんと接する機会が増えたことで、レシピを考えて、企業に提供したり、本や雑誌に掲載されたりという仕事があるんだって知ったんですよね。それからは、好きな料理家さんのレシピ本が出たらとにかく買いまくったり、雑誌やレシピ本に載っている料理家さんのプロフィールを見て、どうやって料理家になったんだろう?ってチェックするようになったんです。あと、休日を使って、好きな料理家の先生の教室に行ったり、講演会に話を聞きに行ったりということをたくさんしていました。料理家さんに会って、同じ空気を吸いたいと思って(笑)。そうやって、本を読んだり、料理家さんに実際に会って勉強してくうちに、自分も料理家になりたいという気持ちが強くなってきて、そのためには会社辞めないといけないなと悩んでいた時に、marimoさんからアシスタントさんが足りないんだよねっていうお話を聞いて。だったら「会社辞めるんでアシスタントにしてください」って話をして、アシスタントの仕事だけに専念することに。


――会社を辞めて、marimoさんのアシスタントになるという決断に勇気がいりませんでしたか?

不安がなかったわけではないですけど、幸いにも結婚して夫もいたので、甘えかもしれないけど、恵まれた環境だからこそ、チャレンジするべきかな、と。もちろん、marimoさんのアシスタントをしていれば、お給料が全く無くなるということはないし、それで足りなくて困るんだったらほかでアルバイトすればいいし。会社員時代の貯金もあったので、不安はそこまでなくて。貯金が減っちゃうかなとは思いましたけど、だからやらないという選択肢はなかったです。やりたいことをやろうという気持ちのほうが強かったですね。

ネイキッドケーキ
▶︎藤井さんのyoutubeより「ネイキッドケーキ」



【Episode2会社員を辞めてmarimo cafeでのアシスタント業務が本格スタート 


大きな料理教室との違いを実感


――アシスタントのお仕事内容を教えてもらえますか?

レッスン前に材料の計量をしたり、対面レッスンのときにアシスタントに入ったり。あとはレッスンの申し込み対応や、お客様や取引先へのメール対応がメインでした。今まで大手の料理教室で働いていたこともあって、かなりマニュアル化されていた部分があったんですけど、個人の教室だと自由度が違うんだな、と実感しましたね。


――アシスタントの仕事を通して、勉強になったなというエピソードはありますか?

たくさんありますね。marimoさんのファンの方が生徒さんとしていらっしゃるので、marimoさんがその世界観を崩さないように細部にまでとてもこだわっていらっしゃるんです。お出迎えからお見送りまでmarimoさんがmarimoさんでいる状態というか。生徒さんのファン度が高いから、その期待を裏切らないパフォーマンスをされるところはとても勉強になりました。

独立して一人で仕事をしていると、「この仕事を受けるか断るか」で悩むことがあります。「こうだから今回は引き受けない」「これはちょっとここの条件が合わないけど、こうだから受けてみる」とか、marimoさんが判断されるところをそばでずっと見てこれたのも大きな経験になっています。価格交渉をするのか、受けないと判断するのか、そのあたりも勉強になりました。

また、次にどんなことをしたいのかとか、marimoさんが抱えている野望をポロっと聞けたりもしたんですよね。自分の1歩、2歩、10歩先を行っている人はこういうことを考えているんだ、というのを日常会話で聞けるっていうのはいい刺激になりました。



いちばん大きな経験はmarimo cafeでパン教室を担当したこと

――アシスタント時代は、独立後に役立つ経験を積まれたんですね!

アシスタントとしての仕事以外に、対面とオンラインでパン教室を1年半~2年くらい担当させていただいて、それがいちばん大きな経験になりました。アシスタントとしてパンの生地をこねているときに、marimoさんから「パン教室やってみる?」と、お声がけいただいて。自分でレシピを考えて、教室の告知をして、自分なりの集客というものを実際にやらせていただきました。もちろんmarimo cafeというブランドがあったからこそ、集客ができたんですけど。

初めはプチパンのような簡単で基本的なパンを作りました。そこからレベルを上げていって、食パンを作ったり、マーブル食パンを作ったり。自分で考えたメニュー案をmarimoさんにチェックしていただいて、marimoさんのOKが出たら実際に作ってみて写真に撮って、生徒さんに告知するという流れでした。レッスン前に、一度marimoさんに食べていただいて最終チェック。


bc-24
▶︎marimo cafeアトリエでパン教室を行う藤井さん
 


marimoさんは2018年からオンラインレッスンをスタートされたのですが、そのコンテンツ内容を磨いていくところや発信している様子をすべて見ていたので、オンラインレッスンで満足してもらうにはどういうことをしたらいいのか、すごく勉強になりました。今、私も不定期なんですけどオンラインレッスンをやっているので、そのときの経験が生きていると思います。

実際にほかのお菓子研究家の方のオンラインレッスンを受けたこともあるんですけど、いろいろなスタイルがあって。動画やライブ配信、配布されるレシピの情報量が多く満足度が高いものもあれば、短い動画と簡単なレシピだけ配布されて終わりというものもありました。
marimoさんのオンラインレッスンでは、ひとつひとつ材料の説明をして、なぜこの材料を使うのか、おすすめのラッピングはこれでそれはなぜか、クッキーをきれいに焼くためにめん棒でのばすときどうするか、など些細なことを言語化して、裏付けを基にちゃんと作るコツを伝えているんですね。これだけの情報を提供すれば、生徒さんは満足するだろうな、と。コンテンツにきちんと力を入れて発信しているオンラインレッスンのアシスタントが経験できたのは、大きな糧になりました。

同じオンラインのパン教室でもコンテンツのボリュームや価格設定は様々なのですが、どうやったら私のレッスンを安売りせず、かつ、その価格に見合った内容にできるのか、すごく考えるんです。そこはmarimoさんのオンラインレッスンを見たからこそ、自信を持って提供できるようになりました。それを経験していなかったら、私のオンラインレッスンは今のスタイルになっていなかったと思います。    
 


写真に関しては、完全にmarimoさんの弟子


――パンやお菓子、料理の写真に関してもmarimoさんから影響を?

marimoさんが写真を撮っている時、どうやって撮っているんだろう?と結構見ていました(笑)。お皿を拭きながら、後ろから黙って見て頭に叩き込む感じで。私の撮る写真がmarimoさんにそっくりですねって取引先の方から言われることも多いんですけど、それは盗み見していただけのことはあるのかな。
marimoさんの撮る写真が好きだったので、距離感とか角度とか、写っている被写体の大きさとか、なんでこんなに人の心に残る写真が撮れるんだろうって考えながら、後ろからめちゃくちゃ見るっていう(笑)。私、完全にmarimoさんの弟子なんですよ。




【Episode3現在の仕事とこれからの目標


パン・お菓子・料理の分野で幅広く活動中


――現在のお仕事について教えていただけますか?

今は主に3本柱です。一つ目はクライアントワークで企業さんへのレシピ提供。二つ目は、不定期でのオンラインレッスン。三つ目は、フリーのレシピをSNSに投稿するということ。YouTubeInstagramレシピサイトの3つを運営していて、基本的に動画付きでレシピを作成しています。SNSやレシピサイトの運営自体はほとんどお金にならないですけど、より多くの方に認知してもらうきっかけを増やしたいという思いで続けています。

もともと料理教室で働いていて、料理を教えてお給料をいただくことが普通の状況だったので、SNSやレシピサイトにレシピを無料で出すことに「どうなんだろう?」って自問自答していました。でも、どんなパンやお菓子、料理を作る人かわからなかったら、教室にも生徒さんは来てくれないだろうし、クライアントさんからもお声がけいただけないし。また、私もレシピを生み出す数が少なければ、成長スピードが落ちるし。みんなにこういうレシピを作る人だって知ってもらえて、かつ自分のレベルアップになるんだったら、無料でレシピを出すことは得でしかないよねって思い始めてから、一気に注力できるようになりました。そして、注力するようになってから、お仕事がいただけるようになり、フォロワーさんが増えました 。


天満紙器 ほうじ茶のシフォンケーキ
▶︎藤井さんのクライアントワーク 天満紙器様「ほうじ茶のシフォンケーキ」



――YouTubeを始めたきっかけは何ですか?

私を知ってもらう入り口を増やすためと、動画のスキルを上げるためです。いただくお仕事のほとんどがレシピ考案と動画制作のセットなんですよ。やはり企業さんもワンストップでお願いできる人を探しているんだと思います。知名度のある料理家さんだったら、撮影してくださるカメラマンの方がたくさんいると思うんですけど、私の場合、自分で撮るしかない精神がいまだにあるので(笑)。自分が撮影しなくていいなら、本当は誰かに撮ってほしいですよね、やっぱり(笑)。



動画もHPも全部自分で作成

――動画のスキルはどこかで勉強して?

独学です。以前、フォトスタイリングの学校には通っていて、カメラの基本的な使い方や原理は知っていたので、自分で試行錯誤してみたり、人気のYouTuberさんが撮影の裏側を投稿していたりするので、それを見て勉強したり。こういうチャンネルにしたいなって参考にしているチャンネルを見てみたりもしました。

レシピサイトも自分で作ったんですよ。webデザイナーさんに3カ月くらいオンラインでみっちり教えてもらって。外注すればやってもらえるんですけど、ひとつずつスキルを身に付けていくのが好きな性格なのか、楽しんでできているので向いているんだろうなと思います。



IMG_9596
▶︎藤井さんのクライアントワーク
「大型スーパー バロー様の毎月のレシピ冊子への写真・レシピ掲載&レシピ動画制作」




コンプレックスがあるからこそ、レベルアップのための勉強は惜しまない


――パン、お菓子、料理と幅広いレシピを考案されていますが、どうやって新しいレシピを考えられているのでしょうか?

もともとレシピ本が好きで、好きな料理家さんの本がでたら何も考えずに買っていました。購入したレシピ本を見て作ってみて、自分の引き出しを増やして。また、レシピを見るだけでも味の組み合わせの引き出しになるので、お金を惜しまず買って勉強しています。

私は製菓学校や料理学校に通ったわけではないので、知識が足りないかも…というところがコンプレックスとしてあるんです。だから、人気店のシェフに直接教えてもらえるレッスンに積極的に行って、勉強するようにしています。そういう経験から着想を得て、新しいレシピを生み出しているっていう感じですね。

インプットはかなりしていると思います。InstagramやYouTubeもチェックしていて、料理番組もよく見ます。アウトプットがまだ足りていないんですけど…。長い目で成長していけたらいいなと思っているので、実際に目で見たり、実際に教わったりという体験をすることは意識しています。


――今後の目標や挑戦してみたいことについて教えてください。

今までやりたいと思ったことは、一通り片足を踏み込むということはできたかなって思っていて。雑誌にも掲載してもらえたし、テレビの収録に呼ばれたり、本も出版させてもらえましたし、東京ガスさんや大阪ガスさんの出張レッスンのお仕事をいただいたり。InstagramやYouTubeでたくさんの方にフォローいただくこともできました。なので、何か新しいことに挑戦したいというより、たんたんと今の仕事を続けて経験値を増やしていって本当に自分が活躍できるところを探していきたいなと思っています。また、一人でできることに限界が来ているので、月に何回かアシスタントさんがきてくれているんですけど、今後は助けてくれる人を増やして、自分のできる仕事を増やしたり、スピードを上げていきたいですね。


IMG_0018-2
▶︎藤井さんの初著書「ゆるっと本格パン」



――これから料理家になりたい、料理系YouTubeをはじめたいと思っている方に向けてアドバイスがあればお願いします!

まずは、テレビや雑誌で活躍する料理家さんや、YouTuber、Instagramerの方々をたくさん見て、参考にするのが良いと思います。また、一言に「料理研究家」「お菓子研究家」と言っても、100人いたら100通りの働き方があると思うんです。どんなフィールドで自分が活躍したいのか、イメージすることも大切だと思います。

そして、アウトプットの最初の一歩を踏み出すことも大切です。いつか始めようって思っていたら、そのいつかは来ないから、下手でもいいから今日1投稿目をしてください。
     
 
――確かに、思っているだけだと何も始まらないですよね。

動くのが大事。思っているだけじゃ前には進まない。やり始めて何投稿かしたら見てくれる人が増えてきて、見てくれる人が増えるともっと頑張ろうと思って写真の勉強をする、褒められたからもっと上手になるという相乗効果なんですよね。最初から褒められる人なんて、元々経験値がある人以外絶対無理なんだから。



思い切って〈料理研究家〉という肩書を名乗るのも大事


――大きな転換期はありましたか?

私の意識が変わったのが、料理研究家という肩書をつけたところからだったんです。marimoさんに「料理研究家になりたいんだったら、名乗っちゃったら?」と言われて、その日から料理研究家という肩書をInstagramのプロフィールに掲載したんです。自分がそんな肩書を名乗っていいのかなってドキドキしましたけど、私を知っている人は喜んで応援してくれますし、その日から知ってくれた人は料理研究家として活動している人なんだという目で見てくれるので、自分の意識も変わりました。

名乗ったり、投稿してみたり、最初の0を1にする作業をなんでもいいから今すぐするのがおすすめです。「肩書をいつから名乗るべきか?」という質問もよくいただくんですが、「今日から名乗ってください!」とお答えしています。実際に、私もレシピを細々と投稿していく中で、「作ってみたら美味しかったです!」「また作ってみます!」とリアクションをもらえるようになり、だんだんと料理研究家としての自信に繋がっていったんです。

今はSNSを通して誰でも発信できる時代なので、自分が伝えたいと思うことを、思い切って投稿してみてください。そして何より、自分自身が楽しむことが大切です!


 

 bc-12

(藤井玲子さんプロフィール)
料理研究家・フードコーディネーター。会社員時代に通い始めた料理教室で手作りの楽しさを知り、大手料理教室に入社。その後、marimo  cafeのアシスタントを経て、2019年より本格的に料理研究家として活動を開始し、2020年にレシピサイト「れこれしぴ」を開設。「作りたくなる! わくわくレシピ」をテーマに、パン、お菓子、家庭料理のレシピを提案。企業へのレシピ提供や、イベント登壇、オンラインレッスンの開催など幅広く活動中。著書に『切りっぱなし&ねじねじで絶品 ゆるっと本格パン』(エムディエヌコーポレーション)がある。

<リンク一覧>
YouTube
Instagram
レシピサイト
 




.。o○.。o○.。o○.。o○


本日も、なが〜い記事を読んでいただき、ありがとうございました!
いかがでしたか?^^



夢を達成するために、どんなことでも努力を続ける藤井さんの姿にハッとさせられますね!



私の仕事現場でも大いに活躍してくれた藤井さん。
今後の展望に期待が高まりますね!




アシスタント物語も本日で最終話となりました!

お菓子作りを仕事にしたいという方、
夢に向かって進みたい方の希望となれば嬉しいです✨



ご覧いただき、ありがとうございました^^





▼関連記事
 


 






.。o○.。o○.。o○.。o○


今日も読んでいただきありがとうございました!
読者登録するとアプリに更新通知が届きます!
LINEでの更新通知サービスは終了しますので、アプリの登録をお願いします🙏


(登録者の情報は私に通知されないのでご安心ください^ ^)



【お菓子作りで夢を叶える】
www.reallygreatsite.com
好きを仕事にするヒントをお届けします♪
無料メルマガの詳細・お申込はこちらの記事にて。



【レシピ本 最新刊のお知らせ】
おかげさまで重版♡3刷り!


新作レシピを40品以上載せています!
初心者の方でもわかりやすいよう
ポイント解説や工程写真もたっぷり♪
『本当においしいお菓子の作り方』
(KADOKAWA)



インスタグラムも更新中! → @marimo_cafe


お仕事のご依頼は、ホームページにて承っております。








こんにちは。お菓子研究家のmarimoです^^


marimo cafeのアトリエ7周年を記念して、
ブログ上で特別記事を連載中です✨


本日はアシスタント業をこなしながら、お菓子教室を主宰する成田さんのお話です♪


ぜひご覧ください✨


Sunday Morning-2

自宅で友達を中心としたごく少人数でのお菓子教室を主宰しつつ、marimo cafeのアシスタントもこなす成田麻子さん。marimo cafeでのアシスタントの経験から得たものや、現在のお仕事のこと、将来お菓子教室を開きたいと思っている人へのメッセージに至るまで、お話を伺いました。


【Episode1】お菓子作りを始めたきっかけは母親の存在

子どもの頃はお菓子作りは趣味であり息抜きだった

――お菓子作りは子どものころから好きだったんですか? 母が自宅で天然酵母パン作りをしていたんです。体にいいパン作りにこだわっていたみたいで、お砂糖も三温糖を使ったり国産の小麦粉を使ったり。その母の隣で、私はお菓子を作っていました。パンの本と一緒に本棚にあった、雑誌のお菓子特集を見るのが好きだったんです。お菓子の世界は当時の私にとってキラキラしていて魅力的に見えたんですよね。 小学生2年生くらいの頃だったかな、子ども向けに簡単に作れるキットが売られていて、それを買って四角いクッキーとか丸いクッキーを作っていました。その頃からお菓子作りが趣味になって、同時に息抜きにもなっていました。私が育ったのは田舎だったので、おいしいお菓子屋さんがなかったんですよ。だから自分で作れることが楽しかったんだと思います。
――お菓子作りは子どもの頃からの趣味だったんですね!その後も趣味としてお菓子作りを続けていたんですか? そうですね。お菓子に対する興味が強かったので、大学進学時には、卒業すれば栄養士の資格が取れて、栄養士以外にもフードスペシャリストや栄養教諭、家庭科教諭など選択肢が広い大学を選びました。 大学卒業後は、食品関係の会社の営業事務に就職。とても忙しくて夜10時くらいまで働くことも。ずっとお菓子作りは好きだったんですけど、それを仕事にしようとは当時思っていなくて。でも、趣味で極められたらいいなと思って、自分の時間を持てる9時17時の定時で仕事を終えられるような仕事を探そうと思って商社の営業事務の仕事に転職しました。 そして、ずっと以前から憧れていた「ル・コルドン・ブルー東京校」の週末クラスに通い始めました。今はもう閉鎖されちゃったんですけど…。この時もまだ趣味を極めたいという気持ちだけで、将来お菓子に関わる仕事をすることまでは考えていませんでしたね。ただ、「ル・コルドン・ブルー東京校」の生徒さんにはにいろいろなバックグラウンドを持ってる人がいて、自分でお店を出してみたいという人もいたので、とても刺激を受けました。


IMG_2368
▶︎成田さんの作ったアイシングクッキー

 
marimoさんとの出会いはブログ


――趣味だったお菓子作りがお仕事に変わったきっかけは?

marimoさんとの出会いですかね(笑)。実はmarimoさんとは大学生時代にブログ経由でお友達になったんですよ。今はInstagramが主流ですけど、当時はブログやmixiが主流で。marimoさんがいろいろ活動されているのはブログを通して知っていて、そこからも刺激を受けていましたね。私も趣味で作ったお菓子をブログにあげていて、お互いがブログにコメントしあうような交流が続いて。そのうち実際に会ってお茶をするようになったんです。

2016年にmarimoさんが独立してアトリエを作るというタイミングで、また一緒にお茶をしていたんですけど、そこで「手伝わない?」ってmarimoさんにお声がけいただいて。まだ会社員を続けていたんですけど、土日ならできるかもと思って、オープニングの何もないところからお手伝いさせてもらうことになりました。泡立て器が大量に届いて、それを洗って仕舞ったりとか。アトリエのオープニングパーティーで「お菓子を何種類か作るから手伝いに来てくれる?」って言われたときは、迷わず「行きます!」と言っていました(笑)。

 
14536702_1121957011221774_479072194_o
▶︎marimo cafeオープニングパーティーの様子



――お菓子教室がスタートしてからはアシスタントとして?

そうですね。まだ会社員だったので、土日でお手伝いさせてもらっていました。「ル・コルドン・ブルー東京校」でアシスタントさんの動きは見ていましたけど、実際に教室のアシスタントしたことはなかったので、最初は緊張しましたね。1年間くらい会社員をしながら、週末のどちらかをmarimoさんのアシスタントとして働かせてもらいました。





【Episode2】会社員を辞めてmarimo cafeでのアシスタント業務が本格スタート
 
好きなことをしている人の近くで働きたい


――その後、会社員を辞められますが、辞めるきっかけは何かありましたか?

平日もmarimoさんのお手伝いをしたいなって思ったからですね。将来独立するんだっていう願望は全くなくって、ただただmarimoさんについていきたい、という思いでした(笑)。好きなことをしている人って、キラキラしているじゃないですか?そういう人を見ると、自分もそういう人の近くにいたいなという気持ちになるんですよね。


――そこからは専属のアシスタントに?迷いはなかったですか?

なかったです。marimo cafeの生徒さんって、みなさんすごくいい人なんですよ。marimoさんがこんな人なので、類は友を呼ぶじゃないですけど、いい人ばかり。私がアシスタントしている時も、私のこともよく見てくれていましたし、優しいんですよね。

いろんなお菓子教室に行ってみたんですけど、なかには話しかけにくいなっていう人もいたりして。でもmarimoさんの教室に来る人は、柔らかい感じの人が多くて穏やかで。なので、そんな生徒さんたちのためにも頑張ろう!と思いました。
 

――アシスタントのお仕事内容を具体的に教えてもらえますか?

会社員時代は、お菓子教室があるときに調理器具を洗ったり、生徒さんをサポートしたり。仕事をやめてからは、教室の生徒さんに持ち物などの連絡をメールでしたりなど、事務的な業務が増えましたね。

毎回レッスンの内容が変わるので、レッスンの流れについてmarimoさんと事前に確認しあって、どんな道具が必要か、このタイミングでオーブンの予熱をスタートしないととか、チョコレートなら溶かして置いておかないとね、など大変でしたね。生徒さんをケアしながら、先生のケアもしなきゃいけないので、実際のところは超バタバタでした(笑)。

でも、marimoさんがそういうバタバタしたところを見せずに教室を進行するってことをポリシーにされているので、余裕をもってアシスタント業務をしているように見えるように心がけていました。

lesson004
▶︎成田さんがアシスタントをしていたmarimo cafeレッスンの様子



アシスタントととして大事なのは周りを見渡す力

――アシスタントとしてほかに心がけていたことは?

毎月最初のレッスンはドキドキで、反省点もいっぱいあったので、それを次には改善しようという気概で取り組んでいました。今日の課題は次に残さないって思って。

アシスタントをするうえで一番重要なのは周りを見る力ですかね。生徒さんを見ながら、marimoさんを見ながら、自分が今何をするべきかを優先順位をつけて動く。あとは、レッスンの流れを頭にたたき込む。徹底して黒子になる(笑)。そうすることで、marimoさんも教えることに集中できるし、生徒さんもレッスンに集中できる。
 

――レッスンの流れを頭に叩き込む…具体的にはどんな感じですか?

marimoさんに言われる前に出す、みたいな。卵黄を泡立てて、次に卵白を泡立てるという流れがあったときに、卵黄が泡立て終わるなっていうタイミングでそ、さっと卵白をテーブルに出すという感じです。生徒さんの動きを見て、さっと自分が動かなきゃいけないんですよね。

それと並行して、レッスン中の風景を撮影したり。撮影した写真をmarimoさんにダメ出しされて、撮り直すこともしばしば(笑)。

marimoさんは完璧なんですよ。隙がないっていうか、一人で何でもできちゃうんですよね。それを上手にサポートできるかどうかっていうところが難しいんですけど。反省会はレッスンのあとに毎回やっていましたね。お互いにそういうブラッシュアップを積み重ねていったと思います。



【Episode3】marimo cafeでのアシスタントを続けてきたからこその気づき
 

空間作りや写真の撮り方、影響を受けたことは数知れず



――具体的にこれはためになったな、というエピソードはありますか?

アトリエのインテリアがとても柔らかい雰囲気だったり、お菓子もかわいらしいし、空間全体の世界観が作り上げられていたのがすごいなと思っていました。お家の一角でお菓子を作って、できたらみんなでお茶してっていう、セレブな感じではないほっこりとした優雅な雰囲気。そういう空間作りが素敵だなと思って。

また、marimoさんが写真を撮っているところを見せてもらって、それを自分でも見様見真似でやってみたりとか。まだまだ未熟なので、marimoさんの写真講座で学んでます。marimoさんはスタイリングももちろん、お菓子をおいしそうに撮る技術や、おいしくみせる画像編集の仕方とかがすごいんですよね。それを常に盗み見していました(笑)。

あと、marimoさんは生徒さんに対する心配りがすごいな、と。同じレッスンでも、初めての方もいれば、リピートしてくださっている方もいるわけです。初めての人でも溶け込みやすいような話の振り方が上手だなって思いながら見ていました。みんながみんな気持ちよくお菓子を作って、気持ちよく帰れる雰囲気作り。妊婦さんがいたら、「座って見ててもいいよ」とかっていう気遣いですよね。

lesson003
▶︎成田さんがアシスタントをしていたmarimo cafeレッスンの様子




【Episode4】現在の仕事とこれからの目標


友達をメインにした少人数制のお菓子教室を開催


――現在のお仕事について教えていただけますか?

今は他のお仕事をしながら、自宅でたまにお菓子教室を開催しています。公に生徒さんを募集しているわけではなくて、生徒さんはお友達が中心で、基本的にみんな知っている人。お友達にお菓子教室をやってほしいと言われたら、平日の昼間に開催したりしています。



――どんなお菓子を作っているんですか?

お友達が「これ作りたい」と言ってくれたものを教えることもあります。例えば「息子の誕生日に飾るクッキーを作ってほしい」と言われたら、クッキーを作ったり。あとは、アイシングクッキー教室ですね。アイシングは基本的にクッキーとクリームを事前に作っておきます。クリームを作ったら、それを分けてそれぞれを着色してコルネに詰めて。あとは生徒さんが来てから、流れに沿ってベースを塗ってもらい、フードドライヤーを使って乾燥させ、仕上げの模様を描いたり、装飾をしたりして完成、という流れです。フードドライヤーを使わないと、クリームを乾かすのに時間がかかるんですよね。アイシングクッキー教室は割と省スペースで座りながら作業できるので、自宅でやるにはぴったりかなと思って。



IMG_2360
▶︎成田さん主宰の教室の様子


――お菓子作りというより、絵画教室みたいですね!

そうですね。縁取り用の硬いクリームと、塗り込む用の柔らかいクリームがあるんですが、硬めのクリームでクッキーの縁を一周したら、柔らかいクリームで塗り絵みたいに塗りつぶしながらベースを塗っていきます。とても集中できるんですよ。普段こんなに集中して取り組む機会ってなかなかないので、心が無になる貴重な時間かなと思います。その結果、できあがったものがかわいいと、さらに嬉しいですよね。




自分だけの強みになるものを見つけて習得する 

 
――アイシングを始めたきっかけはありますか?

当時、私のまわりにはアイシングをやっている人がいなかったから、ひとつの強みになるかなと思ったんです。ゆくゆくは自宅で仕事ができたらと思って探していた時に、Instagramでおうち教室をされている先生を見つけて、その先生がアイシングの先生だったんです。それを見て、「こういうことができるんだ」「こんなに生徒さんが来るんだ」って興味が沸いて。アイシングには元々興味があったんですけど、どうやってやったらいいのか分からなかったので、アイシングの教室に通って学びました。


――今後の目標や挑戦してみたいことについて教えてください。

当面は、アイシングの教室をお友達中心に続けていけたらいいなと思っていますが、ゆくゆくは生徒さんの幅を広げていきたいかな。作ったお菓子の販売もしていきたいんですけど、場所的な問題があって…。食品衛生責任者の資格は1日講座を受ければ取れるんですけど、食品衛生法にかなった場所で製造しないと販売はできないので、自宅のキッチンでは難しくて。あ、marimoさんのアトリエを借りればできますね!

クッキーやレモンケーキなどの焼き菓子系を販売したいので、そのためのレシピの貯金を今のうちにしておこうと思っています。人のレシピを使わせていただいて作るのが好きなんですけど、自分でもオリジナルのレシピをいくつか作り貯めておかねばと思い、時間があるときに試作をしています。販売場所は週末のマルシェとか、店舗の一角を借りてとか。まだ具体的には進んでいないですけど、理想は家の近くでできれば一番いいですね。子どもがいま4歳なので、小学校にあがるくらいまでに何かできたらいいなって思っています。

IMG_2363
▶︎成田さん主宰の教室の様子

 

――子どもがいるから踏み出せないっていう人もいますが、成田さんのその原動力は?

私は、自分のやりたいことを優先していいと思っていて。母親だって一人の人間であり、女性でありますからね。自分のやりたいことだったら、時間を作ると思うんです。私は子どもを寝かしつけした後になんとか時間を作って、好きなことをやるようにしていたので、気持ち次第な部分もあるかもしれません。子どものことももちろん大事だけど、子育てがひと段落したときに、自分も何か楽しめる自分でありたいし、だから今できることをやっていこうと思っています。
 

――将来、成田さんと同じように自宅でお菓子教室を開きたい!という方にメッセージをお願いします。

自宅でお菓子教室を開催するって、ザ・プライベートじゃないですか。だから、どんな人に来てもらうかが大事じゃないかなと思います。自分自身も生徒さんも、お互いのことがわかる環境のほうが安心できていいかなと思っていて。まず自分がどんな人かを知ってもらってファンを作ることが大事なのかな。SNSで発信して、フォローしてくださる方々とやりとりさせてもらうとお互い雰囲気がわかるんじゃないんでしょうか。だからSNS発信は大事だと思います。

また、私の場合のようにまずはお友達だけを生徒さんにする方法でスタートするのもいいかもしれません。お友達がそのお友達を誘ってくれたりするので、安心感もありますし。一人か二人の生徒さんであれば、オーブン一台でできることもあります。いきなり初めから全部を揃えなくても、自分のできる範囲で、自分のできるペースで、自分の呼べる範囲でスタートすることもできますよ。




IMG_2720

(成田さんプロフィール)
JSAアイシングクッキー認定講師。大学卒業後、食品関連の会社に就職後、商社に転職。2016年からお菓子教室marimo cafeにてアシスタントを担当。妊娠を機に、一度アシスタントを中断するも、最近アシスタント業務に復活。自宅で不定期&少人数で行うお菓子教室を開催。4歳児の双子の男の子のママ。


成田さんのインスタグラム→こちら
 

.。o○.。o○.。o○.。o○


本日も、なが〜い記事を読んでいただき、ありがとうございました!
いかがでしたか?^^



「母親だって一人の人間であり、女性であり」

「今できることをやっていこうと思っています」

という言葉に、勇気をもらえますね^^




夢を実現していく様子を間近で見れて、私も嬉しく思います♡





次回は最終回!

アシスタントから独立後、レシピ本の出版も実現したあの人が登場します!
どうぞお楽しみに♡


▼次の記事を読む




▼前の記事を読む
 





.。o○.。o○.。o○.。o○


今日も読んでいただきありがとうございました!
読者登録するとアプリに更新通知が届きます!
LINEでの更新通知サービスは終了しますので、アプリの登録をお願いします🙏


(登録者の情報は私に通知されないのでご安心ください^ ^)



【お菓子作りで夢を叶える】
www.reallygreatsite.com
好きを仕事にするヒントをお届けします♪
無料メルマガの詳細・お申込はこちらの記事にて。



【レシピ本 最新刊のお知らせ】
おかげさまで重版♡3刷り!


新作レシピを40品以上載せています!
初心者の方でもわかりやすいよう
ポイント解説や工程写真もたっぷり♪
『本当においしいお菓子の作り方』
(KADOKAWA)



インスタグラムも更新中! → @marimo_cafe


お仕事のご依頼は、ホームページにて承っております。



こんにちは。お菓子研究家のmarimoです^^


marimo cafeのアトリエ7周年を記念して、
ブログ上で特別記事を連載中です✨


本日は「店舗を持たないお菓子屋さん」を営む青木さんのお話です♪


現在もmarimo cafeのアシスタントをしながら、
自身のお菓子販売も行う様子をインタビューしました!

ぜひご覧ください✨



Sunday Morning

店舗を持たないお菓子屋さん「おやつ屋ちろる」を一人で運営しつつ、marimo cafeのアシスタントもこなす青木優衣さん。
marimo cafeでのアシスタントの経験から得たものや、現在のお仕事のこと、将来お菓子を販売したいと思っている人へのメッセージに至るまで、お話を伺いました。



【Episode1】揚げドーナツで、お菓子作りにはまる

お菓子作りは母親に影響を受けて


――お菓子作りは子どものころから好きだったんですか?

小さいころからお菓子が大好きでしたね。私が4、5歳くらいのときに、母と一緒に初めてホットケーキミックスで揚げドーナツを作ったらしいんです。
それにすごいはまったらしく、そこから毎日1週間ドーナツを作り続けていたって母から聞きました。
私はまったく覚えてないんですけどね(笑)。

子どもでも簡単に作れるお菓子から始まり、小学生のころは図書室でお菓子のレシピ本を借りてきて作ったり。
中学生くらいから、友達に「このお菓子は売れるよ!」って言われるようになっていたので、自分はお菓子屋さんになるんだって、特に何も疑わずに成長してきた感じですね。


――中学生のころからすでに完成度の高いお菓子を!その後の進路はどうされたんですか?

高校は、卒業と同時に調理師免許が取れる高校であり専門学校でもある学校に進学。
ただ、学校では製菓衛生師の資格は取れなかったので、自分で試験を受けてとりました。
実は製菓衛生師の資格を持っていなくても、仕事の現場には立てるんです。でも、とりあえず取っておいたほうがいいかなと思って取りました。

卒業後は、町のケーキ屋さんに就職したんですけど、店主がとても感情的な発言や振る舞いをする人で……職場が合わず数カ月で退職。
そのあとは、結婚式場のデザートに携わる仕事や、デパートの中のケーキ屋さんの厨房でお菓子を作る仕事を経験しました。

そして、また新卒で働いた町のケーキ屋さんとは別のケーキ屋さんに就職したんですが、こちらも最初のケーキ屋さん同様の理由で数カ月で退職……。
でも、私すごく諦めが悪かったので、ケーキ屋さんじゃなくても、例えば飲食店でも別の仕事をしながらでもお菓子に携わることができるんじゃないかなって思い始めて。

その時にお菓子教室っていう存在を知ったんですよね。


IMG_6924
▶︎「おやつ屋ちろる」の人気商品、クッキー缶


marimoさんのお菓子教室で学び、働く日々がスタート  
 
――marimoさんとはどうやって出会われたんですか? もともとmarimoさんのことは高校生のころからブログやSNSで知っていました。
marimoさんのアトリエができたことも、お菓子教室が始まったこともブログで知って。
その最初のお菓子教室の募集があったときに、生徒として参加しました。
お菓子教室で学んでいく中で、やっぱりお菓子作りって楽しい!って再認識したことをきっかけに、そろそろ仕事を変えたいなと思い始めたんです。

それまでは、自分がお菓子の仕事をやっていたことを教室では一切言っていなかったんですけど、お菓子教室に通い始めて2、3年通ってた頃かな、生徒のみなさんとも顔なじみになってきたので「お菓子の仕事を始めようと思って、面接を受けています」って話をちらっとしたら、marimoさんからお仕事の話をいただいて。
――アシスタントのお仕事ですか? いえ、別のお仕事です。2018年の夏に、marimoさんがカフェをプロデュースするお仕事をされていたんです。
レシピを提供したり、働く人の研修をしたり、カフェの中身を全部作るというお仕事でした。
当時の私の仕事は、カフェで再現して作ったり、カフェのスタッフの練習に付き合ったり。
オープンしたカフェでシフトに入ってお菓子担当で働かせていただいたり。

そのお仕事が終わった時に、アシスタントもできればとお声がけいただいて、今もアシスタントを継続中です。


2-4
▶︎marimo cafe「米粉講座」のクッキーを作る青木さん




【Episode2】アシスタントの仕事と並行して、「おやつ屋ちろる」としての活動も

店舗を持たないお菓子屋さん「おやつ屋ちろる」

――現在は店舗にお菓子を卸したり、カフェを借りてお菓子やお茶を提供されていますが、どんなきっかけで?

店舗を持たないお菓子屋さん「おやつ屋ちろる」は3、4年くらい前にスタートしました。
当時は、お菓子の販売もしたいなと思っていたんですけど、なかなかきっかけがつかめなくて、ただ考えるだけだったんです。

その時に、marimoさんがアトリエで、お菓子やアクセサリーを持ち寄って販売する「アニバーサリーマーケット」を開催されて。
marimoさんの生徒さんには、手芸が得意な人やアクセサリー作りが得意な人など、多彩な人が多いんですよね。そんな生徒さんたちの作品を、アトリエで販売するというイベントでした。
「そのマーケットにお菓子を出さない?」って声をかけていただいたことがきっかけになりました。

そのときに食品衛生責任者の資格を取って、菓子製造許可のあるレンタルキッチンを借りて、販売用のお菓子を作りました。
初めての経験だったんで、わちゃわちゃした記憶がありますね(笑)。

一人では間に合わず、友達にも手伝ってもらいました。大変でしたけど、この経験はとても大きかったです。


――レンタルキッチンはどうやって見つけられたんですか?

私の場合は全部ご縁でつながった感じなんですけど……。
知り合いにお菓子をプレゼントしたら、その方が現在のレンタルキッチンの大家さんと知り合いで。
その大家さんが私のお菓子を食べてくれて「販売はしないの?」って聞いてくれたのと、ちょうどその大家さんがお米屋さんで、お店で販売するおむすびを作るためにキッチンを持っていたんですよね。
そこが菓子製造許可のあるキッチンだったので、お借りできることになったんです。

これからお菓子をイベントで販売していこうと思っていたら、コロナ禍に突入してしまい、計画が全部なくなってしまったんです。
そしたら、大家さんのお米屋さんの店頭に、おむすびと一緒にお菓子を置かないかって言ってくださって。
そこから夏以外の月に2回、お米屋さんで焼き菓子を2、3種類販売させていただくことになりました。
 

IMG_4994
▶︎お米屋さんの店頭に並ぶ「おやつ屋ちろる」のお菓子


――レンタルキッチンのご縁が販売につながったんですね!カフェのほうはどうやって?

カフェの件は、初めはお米屋さんの経緯でうちにもお菓子を卸してほしいという話から始まりました。
そこから、月に1回か2回、私が一日お店をお借りして、レンタルカフェとして使わせていただくことに。
焼き菓子だけではなく、ケーキなどの生菓子もご提供しています。


――そのほかにも、お菓子のネット販売も手掛けられているんですよね?

はい、クッキー缶、フィナンシェアソート、焼き菓子の詰め合わせなど、時期によって商品は違うんですが、それぞれ商品の販売期間を決めて、売れ切れ次第終了の受注生産という形で販売しています。


342885582_253738447112907_8379511747549694969_n
▶︎「おやつ屋ちろる」の人気商品、焼き菓子の詰め合わせ


――ネット販売だからこその大変なことはありますか?

ネット販売だからこそではないけど……ねずみに食べられた事件があります(笑)。
「保管していたお菓子が倉庫でねずみに食べられてしまって、代用品はないですか?」と宅配業者さんから電話があって発覚しました。
その時は余分な数がなかったので「2週間後でもよければ作ります」と言って、宅配業者さんがお客様と掛け合ってくれて、2週間待っていただいて再送したってことがあります。衝撃的でしたね(笑)。

また、お菓子が傷んでしまったというクレームはありました。
賞味期限を自分で確認して発送しているんですけど、お客様の自宅の温度って家庭によって違うので……。
だから、賞味期限を少し短く設定したり、保存料を使っていない手作りのお菓子なのでなるべく早く食べてくださいと、同梱するお手紙に書いています。



お菓子屋さん「おやつ屋ちろる」のこだわり

――全部、青木さんお一人でやられていると思うんですけど、こだわっている点はありますか?

ラッピングは、なるべく凝り過ぎないようにしています。
可愛すぎてもったいなくて食べられないと言われたことがあって。
それはそれで、とても嬉しいんですけど、おいしいうちに食べていただきたいので、ラッピングは凝り過ぎないようにしようと。
 

――お米屋さんで販売されている焼き菓子や、カフェで提供されている生菓子はいつも同じもの?

どちらも変えていますね。カフェのほうは、毎回違うからそれが楽しみと言ってくださるお客様もいて。
ただ、カフェではロールケーキが人気なので、ロールケーキは必ず作っています。生地を変えたり、中身のフルーツを変えたりして。

お米屋さんでは無農薬の野菜や果物も販売されているので、ブルーベリーなどのフルーツをお菓子に使わせてもらったりもしています。
「今回これが人気だったよ」って言われたらまた作ろうかな、とか。

お米屋さんでは、レモンケーキがすごく人気で、それはmarimoさんのレシピのライセンス許可をいただいて販売しています。
レシピのライセンスというのがあって、marimoさんの試験を受けて合格したら、ライセンス料をお支払いして、marimoさんのレシピを商用利用できるというものです。
販売用のお菓子のレシピは基本的に自分で考えているんですけど、レモンケーキに関しては、marimoさんのレシピがものすごく美味しいのと、自分では超えるものを作れないと思って。
 

lemon
▶︎青木さんが販売しているmarimo cafeのレモンケーキ


――青木さんのお仕事は、多岐に渡りますね!

いまやっているのは、①お米屋さんでのお菓子の販売、②オンラインでのお菓子の販売、③1日カフェとして借りているイベント、④marimoさんのアシスタント、⑤ほかのアルバイト、の5つになります。

アシスタントのお仕事に関しては、marimoさんに前もって「必要な日を教えてください」と伝えて、空いている日に入らせてもらっています。



【Episode3】marimo cafeでのアシスタントを経験して学んだこと

生徒さんからは見えない裏方業務を担当

――それでは、現在のmarimoさんのアシスタントとしてのお仕事について教えてください。

お菓子の計量をしたり、発送の際の袋詰めや梱包作業など、黒子系の仕事ですね。
marimoさんの通信講座の生徒さんたちに見本のお菓子を作って送るんですけど、生徒さんが何百人単位なので、marimoさん一人ではそのお菓子を作るのは大変なので。

ほかには、marimoさんのレシピ本の撮影時のアシスタント業務や、普段の試作のときのお手伝いなど、marimoさんが一人で回せないときにお手伝いする、何でも屋さんですね。


アシスタントをしてみて気づいたこと


――アシスタントをされて、何か気づいたことや感じたことはありますか?

marimoさんは、生徒さんに寄り添っているなと感じています。
わからないことを気軽に聞ける空気感とか。当たり前のことなのかもしれないけど、今まで私が働いてきた職場では、なんでわからないの?って雰囲気で、意外とみんな答えてくれなくて……。

こうやったらうまくできるよって教えてくれるのっていいなって感じると同時に、今まで働いてきた環境とのギャップを感じました。
そして、改めてお菓子作りが楽しいものだなって思いました。marimoさんと一緒に仕事をしているとすごく楽しいんですよね。


――現在「おやつ屋ちろる」でのオンライン販売で発送業務もあるかと思いますが、marimoさんのアシスタントをされて経験はいきていますか?

アシスタントを始めてから、「おやつ屋ちろる」をスタートしたので、無意識に身についてしまっているかも。こんな風にやったらキレイ見えるんだ、喜んでいただけるんだなって。

発送業務、実は好きなんですよね(笑)。
作る段取りや発送の段取りも、限られた時間のなかで行うっていうのは、アシスタントとしての仕事でたくさん経験させていただいています。

私が現在販売用のお菓子を作っているレンタルキッチンは、時間で区切られているので、基本的に時間をオーバーできないんです。
段取りよくスムーズにやる仕事の仕方は、marimoさんと一緒に試作したり、発送業務をする中で教えていただきましたね。


1-1
▶︎青木さんが担当している発送業務の様子


marimoさんがやっていることを見て真似て、とことん吸収



――経験がとてもいかされていますね!そのほかにもどんなことが役立っていますか?

それこそお菓子を入れる袋も、marimoさんが使われているものを見ていたので、「このサイズいいな」って思ったらメモを取らせてもらって。袋ひとつにしても、本当にたくさんの種類があるので、買って入れてみて、結果入らないみたいなこともあるんですよね。

ブログやInstagramもmarimoさんの告知方法を見て、こういう写真と文章でやるんだなって思って、参考にさせていただいています。
私は今、ブログとInstagram、X(Twitter)を利用しているんですけど、X(Twitter)はリツイートの機能がいいなと思っていて。まだその恩恵は受けていないんですけど、いつかバズりたいな、と思っています(笑)。

写真の撮り方もmarimoさんの撮り方を見て真似たり、marimoさんの写真教室に通って学んだり。働きつつ、お勉強させてもらいつつ。必要なものはお金を出さないと手に入らないので、身近に教えてくれる先生がいるのはとても助かります。
marimoさんワールドにどっぷりはまっているかもしれませんね、私(笑)。




【Episode4】「おやつ屋ちろる」のこれからの目標と、お菓子を仕事にしたい人へのアドバイス



ゆくゆくはお店を持ちたい

――今後の目標や挑戦してみたいことについて教えてください。

今後はもっとお菓子の仕事を増やしていきたいし、お店を持ちたいと思っているんです。
イートインもやっていきたいし、オンラインショップも続けていきたいし。
自分ひとりでなるべくやりたいので、週2、3日だけお店開いて、ほかの日はオンラインショップ用にお菓子の製造とか。お店を出したいなっていうのは、物心ついたころから思っていました。
 

――自分で作ったお菓子の販売をしてみたい!という方へ、アドバイスがあればお願いします!

まずは、製造許可のあるキッチンを探すことが第一歩になると思いますが、インターネットで検索すればレンタルキッチンは意外と見つかります。
値段は場所によってバラバラなので、利益が出るくらいの価格で押さえられるといいですよね。

あとは、どんなふうにお菓子が売られているか、をしっかり研究することですかね。
たとえば、マドレーヌを売りたかったら、ケーキ屋さんやお菓子屋さんで売られているマドレーヌを買ってみて、どういう袋に入っているか、裏の成分表の書き方がどうなっているのか、などを見るといい見本にはなると思います。味の研究というよりは、売り方の研究というか。

オンラインで販売する場合は、販売日や発送日を明確にしておくと、お客様は安心されるかなと思います。私の場合は、受注販売しているので、受注したお菓子を全部作ったと同時に宅配業者さんに持って行ってもらう工程にしています。
保管場所も取られずに済むし、ロスもでないので、受注販売がおすすめですね。


――お菓子を販売する場所を探すのも大事ですよね?

私の場合は本当に全部ご縁でつながりましたが、そのきっかけは私が作ったお菓子を誰かにプレゼントということと、お菓子の仕事をしたいって公言したことかなと、今振り返って思います。
だから、作ったお菓子を誰かにあげたり、お菓子のお仕事をしたいって公言しておくと、ご縁につながることがあるかもしれません。自分で行動しないと始まらないので。

私も、独立できたらいいんですけどね。ただ、空いた時間でお菓子を作れるっていうのは強みであり、いいことだと思うんですよ。いきなり独立するってばくち過ぎて危険だと思うし、お店にしちゃうとすごくお金がかかるので。

私みたいに、レンタルキッチンを借りてやってみる方法は、最低限のお金でスタートできるし、作る量も自分でコントロールできるので、とりあえずやってみたいと思ったら、こういうやり方はおすすめです。

平日会社員をやっていても、週末だけやってみるとか、月に1回だけやってみるとか。自分のお店を持つことが最終的なゴールだとしても、その間にワンステップやってみて、そこから目指すっていうのもいいですよね。私も、あと3年後の独立を目指して頑張っているので、お店やりたいって周りに公言しなきゃですね(笑)

 

(青木さんプロフィール)
神奈川県のおやつ作家、製菓衛生師、調理師。町のケーキ屋さん、結婚式場のデザートに携わる仕事、デパートの中のケーキ屋さんの厨房でお菓子を作る仕事などを経て、marimo cafeにてアシスタントを担当。2019年より、店舗を持たないお菓子屋さん「おやつ屋ちろる」としての活動をスタート。


インスタグラム→「おやつ屋ちろる





.。o○.。o○.。o○.。o○


なが〜い記事を読んでいただき、ありがとうございました!
いかがでしたか?^^


アシスタントをしながら、お菓子屋さんを運営する様子をお届けしました。


「お菓子のお仕事をしたいって公言しておくと、ご縁につながることがあるかもしれません。自分で行動しないと始まらないので。」という言葉は、参考になりますね✨





次回は自宅でアイシング教室を開いているアシスタントが登場します!
どうぞお楽しみに♡


▼次の記事を読む




▼前の記事を読む





.。o○.。o○.。o○.。o○


今日も読んでいただきありがとうございました!
読者登録するとアプリに更新通知が届きます!
LINEでの更新通知サービスは終了しますので、アプリの登録をお願いします🙏


(登録者の情報は私に通知されないのでご安心ください^ ^)



【お菓子作りで夢を叶える】
www.reallygreatsite.com
好きを仕事にするヒントをお届けします♪
無料メルマガの詳細・お申込はこちらの記事にて。



【レシピ本 最新刊のお知らせ】
おかげさまで重版♡3刷り!


新作レシピを40品以上載せています!
初心者の方でもわかりやすいよう
ポイント解説や工程写真もたっぷり♪
『本当においしいお菓子の作り方』
(KADOKAWA)



インスタグラムも更新中! → @marimo_cafe


お仕事のご依頼は、ホームページにて承っております。

こんにちは。お菓子研究家のmarimoです^^


marimo cafeのアトリエ7周年を記念して、
本日より、ブログ上で特別記事を公開します✨



題して
「アシスタント物語」



私のアシスタント4名が、今それぞれに
お菓子作りを仕事にして活躍しています!



彼女たちの姿を、もっとたくさんの方に知って欲しく、
インタビューをして記事にしました✨ 



インタビュアーは、
オレンジページの企画で私のインタビューをしてくれた佐々木さんにお願いしました^^


これから「お菓子作りを仕事にしたい」という方へ、ヒントになれば私たちも嬉しいです!




まず一人目は、永田絹佳さん。

marimo cafeでのアシスタントを経て、現在は自宅でお菓子教室を開いています。
どのようなキャリアを進み、どのようなお仕事をしているのか、お話をお聞きしましょう!



Sunday Morning



自宅で少人数制のお菓子教室を主宰している、お菓子研究家の永田絹佳さん。

お菓子研究家を目指した理由や、会社員時代のこと、marimo cafeでのアシスタント・講師の経験から得たこと、そして現在のお仕事に至るまで、お話を伺いました。




【Episode1】お菓子研究家を目指した理由



〈自宅でできる仕事がしたい〉という思いがきっかけ



――お菓子研究家になろうと思ったきっかけは何ですか?


もともとお菓子限定ではなく、自宅で料理教室ができたらいいなって、高校生の頃くらいからずっと思っていました。というのも、うちは両親が共働きの自営業だったので、あまり家にいなくて、おばあちゃんやおじいちゃんと過ごすことが多かったのです。だから、なんとなく家庭的なイメージに憧れがあって。

週末も両親が家にいなかったので、子どもが家に帰ってきたときに親がいるという環境や、専業主婦のお母さんにも憧れがありましたね。それで、家でできる仕事がいいな、と小さいときからなんとなく思っていたんです。



自宅で料理教室をすれば、ずっと家にいられる……。そこで、料理教室をするんだったら、栄養的にちゃんと根拠のある、食べて健康になれるような料理が作れたらいいなと思って、管理栄養士の資格が取れる4年制大学への進学を決意。

卒業後は、管理栄養士の資格を活かして、いつか料理教室ができたらいいなと思っていたんですけど、まずは企業の料理教室で働いて、全体的なことを学ばせてもらおうと思って、大手の料理教室に教室講師として就職しました。


 


▶︎永田さん主催の自宅教室の一コマ




自分が得意なのは料理じゃなくて、お菓子作りだった


――「料理教室を開きたい」から「お菓子教室」に変わったのには、何か理由が?


子どもの頃からお菓子を作るのが好きだったので、お菓子を作るほうが向いていたんでしょうね。
会社員時代も、先輩から「お菓子作るのがうまいね!」って褒められていたんですよ。
お菓子に絞ったほうがいいんだろうなって思い始めたのが、入社2、3年目からだったかな。
そこからはmarimoさんのお菓子教室に通い始めたり、仕事と平行して勉強をスタートしました。



――marimo cafeを知ったきっかけは?


じつは大学時代の友達が偶然、marimoさんがテレビに出演されていたのを見たみたいで。
それで言われたんです。「marimoさんって人がいてお菓子教室やってて、かわいくてね。
あなたはこういうことしたいんじゃない?Instagramでmarimoって調べてみて」って(笑)。


その頃あまりInstagramとか見ていなかったんですけど、調べてみたらすごくかわいい写真がいっぱいでてきて。それでフォローして、marimoさんを見ていたんです。
そしたら、私の好きなお菓子研究家の先生とmarimoさんがInstagramでつながっているのを知って、勝手に親近感を持っちゃって。いつか教室をやるならお菓子教室かなというタイミングで、marimoさんの教室に通い始めました。




【Episode2】会社員を辞めてmarimo cafeで働くまで



新卒で入社した料理教室を28歳で退職


――その後、会社員を辞められますが、辞めるきっかけは何かありましたか?


料理教室には5年とちょっと勤めさせていただいて、お菓子作りについて会社で学べることはなんとなく学べたかなと感じるようになったことと、ほかでも勉強してみたいという気持ちが大きくなったからです。将来的に自分でお菓子教室を始めようと思っていたので、会社をいつか辞めるということは決めていました。
 


――では、思い描いていた計画通りにお菓子教室への夢を突き進まれたんですね。


自分のなかでは結婚して出産して、会社員として働くのが難しくなってきたら、自宅でお菓子教室を……という計画だったんです。35歳くらいまでに独立できたら、くらいの長期の計画でした。

でも、その前にmarimoさんから「アシスタントと教室の講師をやってみない?」ってお声がけいただいて。ちょうど、会社以外でもっと勉強して経験を積みたいと思っていたのと、そろそろ結婚かなという時期だったので、自分が考えていた計画よりも早くはあったんですけど、いい機会だなと思って会社を辞めました。

自分がいちばんmarimoさんから影響を受けて、いろいろ頑張りたいと思っていた時期だったので、会社を辞めることにはあまり悩まなかったですね。




▶︎marimo cafeで講師を担当していた時の永田さん



会社員時代から副業としてスタートしたmarimo cafeでのアシスタントと講師の仕事


――marimo cafeでの仕事は、会社員を辞められてから始めたんですか?


じつは、会社員のころから会社の仕事がお休みの日に、計量などのアシスタントのお仕事をしていました。お菓子教室があるときは月2、3回で、教室がないときは月1回程度。

会社を辞めてからは、marimoさんのアシスタントと講師のお仕事一本に。
トータルで2年程度働かせていただきました。



――アシスタントと講師の仕事は違うと思いますが、それぞれどんなお仕事をされていたんですか?


アシスタントの仕事は洗い物をするとか、焼けたお菓子を出すとか、使う器具を出すとか。marimoさんが講師をしやすいように周りを整えたり、お茶の準備をしたり。あとは、教室後の片づけ、教室前の計量ですね。教室関連以外のお仕事だと、marimoさんの撮影のお手伝いもありました。



講師のお仕事は、基本的に計量などの事前準備は自分で行いつつ、当日生徒さんを迎えて、お伝えするべきことをお伝えして、お話をしながらお菓子を作っていくという流れになります。
私が講師をするときは、ほかの方にアシスタントさんに入っていただくので、アシスタントさんと当日の打合せを事前にしたり。今まで私がアシスタントとしてやってきたことや、marimoさんから言われてきたことを、逆にアシスタントさんに伝える感じでしたね。


教室では、marimoさんの過去の人気のレシピを取り上げて、marimoさんが教えてきた通りに私が生徒さんに教えるという内容です。なので、marimoさんの教室で講師をしているときは、レシピ考案などのいちばん大変な部分は担当していませんでした。

 


▶︎marimo cafeで講師を担当していた時の永田さん



アシスタントと講師の仕事をして見えてきたこと


――アシスタント、講師、両方の立場をやられたから分かることはありますか?


会社員時代から、講座によってアシスタントもすれば講師もするという働き方でした。タイミングに合わせて、必要なものをそっと出しておくなどは、自分が講師をしていたからできることなのかな、と思います。



――会社員時代の教室とmarimo cafeでの教室、違いはありますか?


会社員時代の教室の生徒さんは12人から16人でした。自分が作業している手元の様子はモニター越しで生徒さんに見てもらうので、どうすれば見やすいかなとモニターの映りに注意したり。人数が多い分、自分と生徒さんとの間に距離があるので、声を張る必要もありました。

アシスタントを担当する場合、生徒さん全員をケアするために各テーブルを見て回るので、やはり生徒さんの人数が多いほうが動き回って疲れますね。少人数で生徒さんに実際手元を見て作っていただくのとは、全然違うんですよね。



marimo cafeの教室は生徒さんの定員は6人までなので、会社員時代より圧倒的に体も気持ちも楽でした。また慣れてきたら「~ですよね」とかフランクな感じで話しても違和感がないので、緊張度も違いましたね。
会社員時代は、やはり改まった言葉使いをしなければならなかったので、そこばかりに意識がいって……毎回めちゃくちゃ緊張していましたから。




marimo cafeでアシスタントをしてみて気づいたこと


――実際にmarimo cafeでアシスタントをされてみて、どうでしたか?


アシスタントとしての業務的な仕事は、会社員のときとほとんど同じかな。
ただ、marimoさんとのお仕事で気づいたことは、教室を行ううえでの考え方や表現の仕方の重要性ですね。

どういう考えで物事を決めているのか、生徒さんにどう感じてほしいと思って教室の内容を決めているのかなど、企業が行う料理教室とは違うなと感じることがたくさんありました。

実務というよりもマインド的なもののほうがmarimoさんから影響をうけたというか、学びが多かったと思います。




【Episode3】独立するときに背中を押してくれたのがmarimoさん


正直苦手で避けていた写真撮影


――具体的にこれはためになったな、というエピソードはありますか?


たとえば、写真の撮影に関して。自分ではなんとなく撮れたかなと思っていたものでも、marimoさんに「ここは写真が傾いているのわかる?」とか指摘いただいたり。
 

じつは、以前からあまり写真を撮るのが得意ではなくて。完全にmarimoさんの写真をみて上達しました。上達したのかな、いやしてない、ごめんなさい(笑)。
お菓子を作るのは好きだけど、写真撮るのは苦手だし、正直そういうことはやりたくないなって思っていたので、それまではなんとなく、でこなしていました。



marimoさんの教室では、出来たお菓子をみんなで最後に撮影するんです。
写真教室ではないんですけど、ミニ講座的に「自然光で撮るよ」「逆光で撮るよ」などmarimoさんが教えてくれて、marimoさんがスタイリングしたものを、みんなで順番に撮影していくという流れ。
だから、marimoさんのを見て真似していました。
スタイリング小物に何を使っていいのかもわからないし、メカ音痴なのでカメラをどう使っていいかもわからない。逆光という言葉もmarimoさんの教室で初めて知ったくらいです。



ほかにも、「個人でやっている先生のところにいろいろ行ってみて、気づいたこととかかき出してみるといいよ」とかアドバイスをたくさんいただきましたね。
そのときの自分に足りないものをmarimoさんに教えていただいて。
また、marimoさんはこう考えているから、いまこういうふうになっているんだな、と自分なりに考えることができるようになりました。




▶︎永田さんが撮影したお写真。とっても素敵!



活躍している人のそばで働くことでの影響


――ほかにもmarimoさんから受けた影響はありますか?


会社員のころは、自分がお菓子教室をいつかやりたいなんて話、できなかったんですよね。みんなで頑張ろうっていう雰囲気だったので、言いにくかったというのもありますが。
でも、実際に独立して活躍されているmarimoさんの近くにいると、それが自然に言えて。それについて、marimoさんに「できるよ」と言ってもらえたことが大きかったです。そこで「あ、私もできるのか!」という謎の気づきを得たというか(笑)。その言葉にすごく背中を押してもらえましたね。

仕事というよりは気持ち的なところで背中を押してもらえたことが、後々の自信にもなるしよかったのかなと思っています。



また、marimoさんの教室では、生地の温度を測る、庫内の温度がキープできているか確認するなど、いつでも同じように作れるようにというのを重視されていたと思うんですよね。

それが私の身に付いた部分でもあって。自宅で教室やるときに、試作をやる時期と教室をやる時期はやはり室温が違うので、試作のときの温度を測っておいて、教室間近にもう一度測ってみて、同じようにできるかとか、そういうところをすごく気をつけるようになって、とても活かされている部分だと思います。




【Episode4】現在の仕事とこれからの目標


2022年の春に念願だったお菓子教室をスタート


――現在のお仕事について教えていただけますか?


今は、自宅でお菓子教室をやったり、富澤商店でレシピを紹介したり、クックパッドでレシピを紹介したりしています。
 


――自宅でお菓子教室を開く際に、ご自身で苦心した点やこだわった点、よかった点はありますか?


どういう教室にしたいかを考えて物件が探せたのはすごくよかったなと思っています。私の最初の教室のイメージは、日当たりがよくてリビングが広く使えるということでした。また、作業台と試食のテーブルを分けたいというのが一番の希望だったので、それができる間取りの家だということ。
あとは、駅がとにかく近くて家までの道がわかりやすいということ。そして、事務所利用可の物件だということです。



▶︎永田さんの自宅教室の様子



――事務所利用可の賃貸物件は多いんですか?


少ないと思います。事務所利用可で条件付けして、賃貸の検索サイトで探せば出てくるんでしょうけど……。私の場合、たまたまいいなと思った家が事務所利用可で。前に住んでいた方も事務所として利用されていたみたいです。



――自宅でお菓子教室を開くとなると、電気のアンペアが気になりますが……。


そこは絶対に考えたほうがいいですね。照明をつけて、オーブン2台を動かして、ハンドミキサーも使うパターンが多いので、オーブン2台とハンドミキサーを4台を一緒に動かして電気が落ちないか試しました(笑)。
わが家は必要なアンペア数に足りてなかったので、家庭用でこれ以上あげられないくらいまで上げて、それでも全部をリビングでやると落ちゃうから、キッチンからコードを引っ張ってきて電気を分散させたりしています。



▶︎永田さんの自宅教室の様子



――今後の目標や挑戦してみたいことについて教えてください。


生徒さんを増やしつつ、教室を成長させていくのが目標ですね。細くでも太くでも続けていきたい。
これからもSNSなどで発信を続けながら、頑張っていきたいです。
あと、野望的なもので言えば、教室の人気レシピとかをレシピ本にまとめられたら最高ですね。



――最後に、将来、永田さんと同じように自宅でお菓子教室を開きたい!という方にメッセージをお願いします。


私もそんなに仕事にできているのか……。ただ、やる気があればできると思っています。
教室をやる前に私が決めていたことは、どんなに生徒さんが少なくても毎月必ず教室をやるということ。
今年になって生徒さんが安定してきてくださるようになったけど、去年まではどうしよう、これじゃあ、収支がマイナスになっちゃうなと思うこともありました。
でも絶対に続けようと決めていたので、結果的に少しずつですが生徒さんが増えてくれて。


あとは、自宅で教室を開く場合、家族の協力が大事です。知らない人が自宅に上がるのを嫌がる人もいると思うので、そこは最初に話し合うことがとても重要だと思っています。





(永田さんプロフィール)

お菓子研究家・管理栄養士。女子栄養大学栄養学部卒業後、大手料理教室に教室講師として入社。料理・お菓子・パンのデモンストレーションやオリジナルレシピの開発などの教室を5年間経験。退職後、お菓子教室marimo cafeにてレッスン講師、アシスタントを担当。富澤商店HPにてレシピを連載中。2022年4月~自宅にてお菓子教室を開催。心とからだの栄養になるようなお菓子作りをモットーとして活動中。


インスタグラム→こちら


.。o○.。o○.。o○.。o○


なが〜い記事を読んでいただき、ありがとうございました!
いかがでしたか?^^


会社員〜アシスタントを経て、独立したお話をお届けしました。

「どんなに生徒さんが少なくても毎月必ず教室をやると決めていた」って素晴らしいですよね✨



少しでも参考になるお話があったようでしたら嬉しいです♡




次回はお菓子販売をしているアシスタントが登場します!
どうぞお楽しみに♡

▼こちらから






お菓子作りを仕事にしたい!という方へ
marimoの経験をお伝えする無料メルマガを発行しています^^



www.reallygreatsite.com


永田さんも影響を受けたという、marimoのマインドを知りたい方は、
ぜひメルマガを読んでみてください♪

すでに817名以上の方が受け取っています♡


”内容が充実していて無料メルマガで良いの?って思っちゃいます。”

”自分自身で気づきもありmarimo先生のメルマガ楽しみにしています。”

”実際に運営をしている先生の考え方が伺えて、いつもためになっています。”

”marimoさんのメルマガを読ませていただくたびに、夢に向かって頑張ろうという気持ちが湧いてきます。

いつも身に染みる内容ありがとうございます。
自分の知りたい内容が書いてありすぎて、ためになることだらけです。"

”いつも無料でいいのかと思うような有益な情報をたくさんありがとうございます!”

”marimo先生の文書に励まされたり、自分と重ねてみたりしています。”

”とても参考になります!書籍化してほしいくらいです!”


など、嬉しい感想をたくさんいただいています!!



このように喜んでくださる方がたくさんいるので、
3日に1通ペースで書き続けることができています!!
いつもありがとうございます🙏




↓登録・詳細はこちらから

お菓子作りで夢を叶えるメルマガ




ではでは、また^^






.。o○.。o○.。o○.。o○


今日も読んでいただきありがとうございました!
読者登録するとアプリに更新通知が届きます!
LINEでの更新通知サービスは終了しますので、アプリの登録をお願いします🙏


(登録者の情報は私に通知されないのでご安心ください^ ^)



【お菓子作りで夢を叶える】
www.reallygreatsite.com
好きを仕事にするヒントをお届けします♪
無料メルマガの詳細・お申込はこちらの記事にて。



【レシピ本 最新刊のお知らせ】
おかげさまで重版♡3刷り!


新作レシピを40品以上載せています!
初心者の方でもわかりやすいよう
ポイント解説や工程写真もたっぷり♪
『本当においしいお菓子の作り方』
(KADOKAWA)



インスタグラムも更新中! → @marimo_cafe


お仕事のご依頼は、ホームページにて承っております。





こんにちは。お菓子研究家のmarimoです^^


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます!


このブログを「読者登録」して
更新通知をLINEで受け取っている皆様へ。ご連絡です。

LINE通知サービスが2023年12月で終了し、アプリへ移行します✨



今後は、アプリにて更新通知を受け取れますので、
ぜひぜひ登録をお願いします🙏
↓こちらから

 


<流れ>
①上のバナーをクリックし、「ライブドアアプリ」をダウンロードする
②アプリの虫眼鏡ボタンからブログ名「marimo cafe」を検索
もしくは
上のバナーをクリック
③アプリ内でブログが表示されたら右上の「フォローする」をクリック
④通知が届く、フォロー一覧にブログが表示される




1-1




また、お菓子教室のお知らせなど、重要なお知らせのみ
marimo cafeのLINEにも配信しますので、
この機会に登録をお願いします😊

公式LINE : https://lin.ee/opKp1Ih



お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします💓





 

1-1


こんにちは。お菓子研究家のmarimoです^^


米粉講座の見本のお菓子、
「まとめてコース」10月スタートの皆様へ
発送が完了しました!


長らくお待ちくださり、
ありがとうございます!!



まとめてコースのお菓子は
8種類入ります。


本日は40箱作りましたので、
並んだ姿が圧巻です!!





4S-1



どのお菓子も、心を込めて作りました♡

気に入っていただけたら嬉しいです^^





4S-3





4S-4



冷蔵便で発送しましたが、
保存は常温で大丈夫です^^



テキストと一緒に
「グループLINE」参加のご案内が入っていますので、
登録をお願いします♡


これから半年間、
質問などのやりとりをおこなっていきます!




どうぞよろしくお願いいたします^^




==



【お菓子作りで夢を叶える】
www.reallygreatsite.com
好きを仕事にするヒントをお届けします♪
無料メルマガの詳細・お申込はこちらの記事にて。



【レシピ本 最新刊のお知らせ】
おかげさまで重版♡3刷り!


新作レシピを40品以上載せています!
初心者の方でもわかりやすいよう
ポイント解説や工程写真もたっぷり♪
『本当においしいお菓子の作り方』
(KADOKAWA)



インスタグラムも更新中! → @marimo_cafe


お仕事のご依頼は、ホームページにて承っております。




1-5

こんにちは。お菓子研究家のmarimoです^^


米粉講座10月発送の最終便を作っています!



本日はクッキーの日。




1-4


スタッフと3名で手分けして作業しています✨


こちらは、バトネ・フロマージュ。
エダムチーズを使った塩気のあるクッキーです。


1-6


い〜〜〜っぱい焼きますよ!!

良い眺め^^





1-5


香ばしく焼き込んで♪

ポリッとした食感と、
チーズの香りがたまりません♡



そのほか、

ガレットブルトンヌ

1-3



キャレドネージュ、


1-7




フィナンシェも焼いてます!


1-2



アトリエには焼き菓子の良い香りが充満✨


幸せな気持ちになります〜〜^^




1-8


焼き終わったらラッピング✨

意外と時間がかかりますが
一つずつ丁寧に。



あと4品あるので、
明日・明後日で順番に焼いて、
明後日に発送しますね!



お待ち頂いている皆さま、
ありがとうございます♡



どうぞお楽しみに^^


.。o○.。o○.。o○.。o○


今日も読んでいただきありがとうございました!
読者登録するとLINEで更新通知が届きます!
ただいまの登録数4,157名♡ありがとうございます♡


(登録者の情報は私に通知されないのでご安心ください^ ^)


【お菓子作りで夢を叶える】
www.reallygreatsite.com
好きを仕事にするヒントをお届けします♪
無料メルマガの詳細・お申込はこちらの記事にて。



【レシピ本 最新刊のお知らせ】
おかげさまで重版♡3刷り!


新作レシピを40品以上載せています!
初心者の方でもわかりやすいよう
ポイント解説や工程写真もたっぷり♪
『本当においしいお菓子の作り方』
(KADOKAWA)



インスタグラムも更新中! → @marimo_cafe


お仕事のご依頼は、ホームページにて承っております。