こんばんは^^
バレンタインも終わり、ほっと一息(?)ついている今日この頃、、
本日は、あひるちゃんからリクエストを頂いた「ヴィクトリアサンドイッチケーキ」を作りました^^

こちらはイギリスの伝統的なお菓子*
18世紀後半に、ヴィクトリア女王のために作られたケーキだそうです。
基本的な作り方は、パウンドケーキと同じく、バター・砂糖・卵・小麦粉が同量で、
バターから順に混ぜていき、2つの型に流して焼きます。
焼き上がったら、ラズベリージャムを挟み、粉糖をかけて出来上がり♪

なのですが、あひるちゃんからのリクエストは、
重たくなく、ふんわりとした軽めの口当たりで、でもパサッとしていないもの。でした。

確かに、パウンドケーキを重ねたら、重たいですよね。。。

と言うわけで、配合はそのまま、軽いケーキに仕上げてみました^^♪

ラズベリーが手に入らなかったので、苺で代用していますが、
きっとラズベリーの方が酸味があって美味しいと思いますので、
みなさまラズベリーを手に入れてから!!作ってみてくださいね^^

ではレシピです♪

材料  12センチ丸型
卵  1個(50g)
グラニュー糖  50g
バニラエッセンス  3滴
小麦粉(ドルチェ)  50g
バター  50g

苺  120g
グラニュー糖  20g
レモン果汁  5g

粉糖  適量

作り方
準備)バターは湯煎にかけて溶かしておく。小麦粉はふるっておく。オーブンを170℃に温める。
1)ボウルに卵を割りほぐし、グラニュー糖を一度に加えて泡立て器で馴染むまで混ぜる。湯煎にかけながらハンドミキサーで泡立てる。人肌程度になったら、湯煎から外す。
77df0748.jpg

2)ハンドミキサーの高速で泡立て続ける。リボン状に垂れるようになったら、低速で30秒ほど泡立て、キメを整える。バニラエッセンスを加え、混ぜる。
e2a830b7.jpg

3)小麦粉を5,6回に分けて加え、その都度ゴムべらで底から返すように混ぜる。
d659cb9b.jpg

4)湯煎で温めておいたバターを、5,6回に分けて加え、その都度ゴムべらで底から返すように混ぜる。
5dd913cf.jpg

5)つやっとした生地ができたらOK。
7349fb15.jpg

6)クッキングシートを敷いた型に流し、170℃のオーブンで25分焼く。
075d6194.jpg

7)その間にジャムを作る。小鍋にカットした苺とグラニュー糖を入れ、15分ほど置いておく。苺から水が出て、グラニュー糖が溶けたらOK。
632cf542.jpg

8)弱火にかけ、どろっとするまで加熱する。レモン果汁を加えたら、完成。冷ましておく。
3a4f801c.jpg

9)ケーキが焼き上がったら、網の上に出し、乾燥しないようにラップをかけて冷ます。冷めたら2枚にスライスし、ジャムを挟む。粉糖を茶こしでふりかけたら完成。
273a1d3b.jpg


・・・ポイント・・・
卵をしっかり泡立てることで、きめ細かくふわっとした食感になります。
溶かしバターは熱々にしておくと、生地に上手く馴染みます。入れる直前まで湯煎にかけておいてください。
苺ではなくラズベリーを使う場合は、レモン果汁なしでもいいかもしれません。味見をして酸味が足りなければ入れてください。



ふわふわ~~なのに、しっとり~~♪
スポンジケーキのふわふわと、パウンドケーキのしっとりが合体したような味です*

ぜひお試し下さい(^^)





今週末も、大雪でしたね。

ここは雪国かと思うくらいの積雪!!

びっくりしたと同時に、きゃっきゃしてしまいました。

レインブーツ最高!!!




さーて、明日からまた会社だーー。


また来週も一週間がんばりましょう☆


駆け足更新でごめんなさい~~

ではまた~(^^)


---

★ランキング★

一日一回クリックして頂くと、ポイントが入り、ランキングが上がります^^
marimo cafe いいね♪っていう方は押して頂けると嬉しいです!

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ


---

★お知らせ★

レシピ本を出版させて頂きました☆

marimo cafeのしあわせスイーツ―大切な人が喜ぶ秘密のレシピ (SOFTBANK MOOK)

電子書籍バージョンは、こちらからどうぞ☆
amazon 
google


モニターブロガーをしています^^



つぶやきブログはこちらです^^  「marimo cafeな日々