md-2


こんにちは。お菓子研究家のmarimoです。


懲りずにマドレーヌを焼いています。
(*´ -`)(´- `*) 



前回、ふんわりマドレーヌを焼いた際に
夫に試食してもらったら、
 
「ふんわりマドレーヌも美味しいけど、
ふんわりなら”マフィン”とか”ケーキ”もあるし。
マドレーヌらしい固さやしっとり感
あったら良いんじゃない?」
って言われて。


確かにーーー!

と思ったのでした。



ということで、
"私はふんわり派だから"
なんて言わずに
”しっかりマドレーヌ”
試作が再開しました。


しっかりというのは、
口に入れた時に歯ごたえを感じる。
そんなイメージで。


md-1



マドレーヌは、
生地の中に気泡がどれだけあるか?
で食感が変わるので、

気泡の元である
1:卵の扱い
2: ベーキングパウダーの量
を調整しました。



1:卵の扱いに関しては、
”卵の温度(30度に温めるか、室温のままか)”や
”卵を泡立てるかどうか” 


で、全然違う食感になります。


卵の温度を上げてから
泡立てるように混ぜると、

ふんわりした食感になります。



しっかりにしたいなら、その逆をします
(*´ -`)(´- `*)



2: ベーキングパウダーの量に関しては、
卵1個に対して
ベーキングパウダーを1gにするか2gにするか
しっかり or ふんわり にすることができます。



md-3


というわけで、
卵を温めずに泡立てないように混ぜ、
ベーキングパウダーを1gにしてみました。



(元の参考レシピはこれですが、
今回はアーモンドプードルを使わないことを
念頭に考えているので、ちょっと違います。)



前回のマドレーヌより
しっかりしているのが
断面から伝わりますか?
(*´ -`)(´- `*)



前回 ↓
md-2


生地の温度とか泡立て方など
ちょっとしたことで
仕上がりが変わってしまうので
お菓子作りって奥深いな〜と
思うのでした(*´ -`)(´- `*)



レシピを伝える時には
その辺りもちゃんと伝えないと
違ったものができてしまうので
気をつけないと・・・
((=゜エ゜=))



特に温度は重要〜〜〜!


私はこちらの温度計ではかりながら作っています。
おすすめです♫



.。o○.。o○.。o○.。o○


〜レシピ一覧〜


こちらのブログには
色々なレシピを載せています(*´ -`)(´- `*)

ぜひご活用ください♪♪


















.。o○.。o○.。o○.。o○



今日も読んでいただきありがとうございました!
読者登録するとLINEで更新通知が届きます!
ただいまの登録数2,869名♡ありがとうございます!



ランキング参加中です!クリック応援お願いします(*´ -`)(´- `*)
 にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
クリックして頂くとポイントになってランキングが上がる仕組みです。いつもありがとうございます!


Instagram

    


お仕事のご依頼は、こちらの★ホームページ★にて承っております。