IMG_5048


お菓子を食べて、感動したことがあるだろうか。
衝撃を受けたことはあるだろうか。



私にとって、
イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ
のお菓子は、
「感動」「衝撃」
そのものでした。



「美味しい!」を超えた何か
力を持つお菓子を食べたのは
それが初めてでした。


一口食べてすぐに、
代官山にある教室の門を叩きました。



弓田先生の教室は、
空気がピリッとしていて
緊張感のあるレッスンでした。



その手つきを、
言葉を、
聞き逃すまい

全員が必死についていく。


お菓子作りに真摯に向き合う。


独特な空間がありました。



弓田先生から直接
指導を受けられたことは
私の人生で最大の幸運でした。



4年の在籍期間の最後の方には
先生は闘病に入り、
顔を見ることが少なくなっていました。



イルプルーで習ったお菓子は
200以上。



どれも
「ハッとする美味しさ」で、
なんでこんなお菓子が生み出せるのか
羨ましく、目指したくなりました。



少しでもそのエッセンスを得たくて
毎回必死に勉強しました。



どこまで追いかけても
まだまだ追いつけない存在でした。





訃報を知ったのは昨年末。



お菓子界に衝撃と悲しみが走りました。



有名な先生方が、SNSで
弓田先生へのお言葉を発信しているのを見て
影響力のある方だったんだなぁと実感しました。



お菓子作りの材料
自らヨーロッパから輸入して
日本に広めたのも弓田先生でした。



私が生徒さんに紹介している、
ペック社のココア、
ルゴル社のリキュール、
バニラエッセンス...



みんなイルプルーの輸入品です。



有名な先生の教室へ行くと、
みんなイルプルーの材料を使っていました。



お菓子界に、素晴らしい影響を与え
孤高の存在だった先生。




お菓子作りに真摯に向き合うこと、
感動を与える味を生み出すこと、
全てを教わりました。




本当にありがとうございました。



教わったことを忘れずに、
前に進んでいきます。




ゆっくりと休まれてくださいね。




marimo